疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

筋萎縮性側索硬化症

診療科

症状の解説

手足に力が入らず、筋肉が徐々にやせていく病気です。舌やのどの筋力低下を起こすと、しゃべりにくくなったりむせやすくなったりします。痛みやしびれなどの感覚障害は起こりません。病気が進行すると呼吸の筋肉も弱くなり呼吸困難が出現します。 一般に症状は進行性で一旦良くなったりすることはありませんが、患者さんごとに進行の速さや経過は異なります。

主な原因

脳や脊髄には運動ニューロンと呼ばれる神経細胞があり、これらが共同して手足の筋肉を動かしています。筋萎縮性側索硬化症ではこの運動ニューロンが減少して手足に力が入らず筋肉がやせてゆきます。運動ニューロンが減少する原因は多くの場合不明ですが、ごく一部に遺伝性のことがあります。

必要な検査

筋力低下は筋肉、運動神経、脊髄や脳のどこが障害されても起こりうるものです。これを調べるために筋電図、神経伝導速度検査、脳や脊髄のMRI検査などを行います。

治療法

症状の進行を遅らせる効果があるとされるリルゾールという内服薬を使いますが、進行を完全にくいとめることはできません。飲み込みにくさが出現したら食物の形態を工夫したり経管栄養を行ったりします。呼吸困難に対しては呼吸を補助する装置を用いることを考慮します。

閉じる