疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

角膜ヘルペス

診療科

症状の解説

初期は軽い眼痛・異物感・充血・流涙等で始まり、病気の進行と共に痛みなどの症状は強くなっていきます。病巣が角膜中央に及ぶと霧視(かすみ目)や視力低下を自覚します。また再発性の病気で、一旦治癒した後も、様々な身体へのストレスをきかっけに再発・再燃することが多いです。重症化したり、薬物での治療が奏効しなかったり、何度も再発を繰り返したりした場合、多くの症例で視力が低下します。

主な原因

身体に以前から感染・潜伏しているヘルペスウイルスが神経を伝って角膜へ侵入・増殖することによって発症します。

必要な検査

細隙灯顕微鏡検査。
採血によるヘルペスウィルス感染の確認。

治療法

抗ヘルペスウイルス剤の眼軟膏での治療が最重要です。その重症度や病型に応じて、抗ヘルペスウイルス剤の内服やステロイド点眼での治療が必要になったり、入院による管理が必要になることもあります。角膜の濁りが強く残った場合等、最重症の場合には角膜移植手術が必要になることがあります。

閉じる