疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

眼瞼炎

診療科

症状の解説

眼瞼の炎症で、主にまつ毛の根元付近に起こるものを眼瞼縁炎、主に眼瞼皮膚に起こるものを眼瞼皮膚炎といいます。このうち眼科では眼瞼縁炎を取り扱います。眼瞼縁炎は、左右両側の眼瞼縁の発赤、発疹、ただれや潰瘍、痂皮などが起こります。慢性化しやすく、軽快と悪化を繰り返し、重症例では睫毛乱生や睫毛の欠損、皮膚の肥厚、眼瞼の変形、外反症を起こします。

主な原因

眼瞼縁炎には、ブドウ球菌が睫毛の毛根、脂腺や汗腺に感染して起きる化膿性のものと、皮脂腺の分泌過剰による非感染性のもの(脂漏性)があります。化膿性のものは重症化する傾向がありますが、脂漏性のものは潰瘍などは生じず、睫毛欠損も起こしません。

必要な検査

細隙灯顕微鏡で観察します。 感染性のものか非感染性のものかの鑑別に細菌培養を行う事もあります。

治療法

眼瞼縁炎では、眼瞼周囲を清潔にすることが重要です。 眼瞼縁を周囲を良く洗浄し清潔を保ちます。さらに感染性では抗菌薬の点眼や眼軟膏の塗布を行います。

閉じる