疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

鼻涙管閉塞・狭窄

診療科

症状の解説

鼻涙管(下記解説)に閉塞や狭窄があれば、涙の流れが悪くなり流涙がみられます。新生児において生下時直後から流涙と眼脂を認める場合は先天性鼻涙管閉塞、成人において流涙・眼脂が強くなってくる場合は鼻涙管閉塞や鼻涙管狭窄を疑います。また鼻涙管閉塞により涙嚢(下記解説)に涙が貯留し、感染が起こると涙嚢部が赤く腫れて涙嚢炎が起こります。

主な原因

涙は眼瞼鼻側にある上下の涙点から排出され、涙小管という管を通り涙嚢に開口します。涙嚢は大豆大の袋で、涙は涙嚢から連続する鼻涙管へ排出され最終的に下鼻道へ流れ、この経路を一般的に涙道と呼びます。先天性鼻涙管閉塞は母体内の器官形成期に鼻涙管の開口が不十分なために起こりますが、鼻涙管閉塞・狭窄はアレルギーなどの炎症や、外傷、手術などが原因で起こります。

必要な検査

基本は涙道通水テスト(涙嚢洗浄)です。先端が鈍になっている針先を涙点から涙小管に入れて、生理食塩水を涙嚢内に流す方法です。涙道に閉塞があれば液は逆流し、感染が起こっている場合は眼脂も同時に逆流します。閉塞がなければ液は通過し、同側の外鼻口や口腔内へ流れることで確認できます。

治療法

先天性閉塞の第一治療は涙嚢マッサージと抗生剤点眼です。自然に治ることがありますが、治る傾向のない場合は涙管ブジーという先端が鈍の器具を涙点から挿入し、鼻涙管へ通すことで閉塞点を開放させます。狭窄や軽い閉塞の場合は、狭窄部分をブジーで拡張させシリコン素材のチューブを留置させます。強い閉塞や涙嚢炎が起こっている場合は、涙が涙嚢から鼻腔へ直接流れるようにバイパスを形成する涙嚢鼻腔吻合術を行います。

閉じる