概要

医療安全管理部は、「医療事故は必ず起こるもの」「医療事故の防止は個人ではなく組織が行うもの」という考えに立って活動しています。その内容は、医療安全管理に関する調査とその分析、情報の共有、学生や職員の教育・研修、医療事故防止の具体的対策の立案など多岐にわたっています。そのため、医療安全に関わる事は、多職種の協力を得ながらチーム医療として対処し、「安全な医療がよい医療」につながることと考え、活動しています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

岩瀬 正顕患者さんを医療事故から守るためには、各診療科での安全を点検するマニュアルの整備、コンピューターネットワークを利用したシステムによる管理などあらゆる角度からなされなくてはなりません。このことは、医療に携わるすべての人間が理解していることが望ましいとされています。また、近年、「ヒヤリ・ハット」の報告についての理解、インフォームドコンセント(IC)やクォリティーオブライフ(QOL)などの考え方が広く浸透したことにより、内容的にも一層の厚みが増してきています。特に、本院のような「急性期病院」としては、安全管理体制を整備すべきと考えています。急性期病院であるが故の医療事故が発生しないような組織環境の維持と一層の事故防止に向けた取り組みを行っていきたいと考えております。

部長 教授 岩瀬 正顕

診療科紹介動画

 
閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

医療事故が起これば最も迷惑を受け、被害を被るのは患者さんです。二次医療圏における基幹病院として、本院は患者さんから信頼される医療安全管理体制を確立する責務があります。医療行為を行うのは最終的には人間であり、人間は誤りを犯すという前提に立てば、医療事故は必ず起こると考えざるを得ません。人の命と健康とをあずかる医療従事者一人ひとりが「人間は誤りを犯すものである」、「医療事故は必ず起こるものである」との「危機意識」を持ち、患者最優先の医療を徹底することが私どもの倫理です。医療安全管理のための組織づくりや、事故等の速やかな病院長への院内報告制度の強化、患者さんの医療内容についての患者総合相談窓口の充実、カルテ開示など医療情報の適正化、職員への定期的研修会の開催等はそのための施策です。「あたりまえのことをきちんとする」を基本理念として、患者さんに安心と安全を約束できる病院とするために、今後も活動推進をしていきます。

 

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる