概要

当科では乳がんを中心に乳腺に関わる病気全般を扱っています。乳がん検診から精密検査による診断、良・悪性疾患の治療、乳がんに対しては手術前後の化学・内分泌・分子標的治療、手術や放射線治療、さらに症例によってはラジオ波焼灼術等を組み合わせ、集学的に治療を行っています。

次のような症状を扱っています

乳房の腫瘤や張り、痛み、痒み、乳房皮膚の発赤、乳頭分泌、乳頭・乳輪の変化(ただれ、変色)、脇の腫れ(腫瘤・リンパ節)などの症状を取り扱います。不安があれば一人で悩まず気軽にお越しください。また、他施設での診断や治療に不安があれば、セカンドオピニオン外来にてご相談ください。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

 乳がんは女性で最も多い悪性腫瘍です。その発生頻度は年々上昇し、今では40歳以上の日本人女性の9人にひとりが患うと言われています。当院では、治療においては常に患者様、ご家族様の立場に立って、小さな乳がんはより小さく綺麗に治し、大きな乳がん(時に切除不能)であっても、集学的治療により乳がんを小さくした後に根治切除を目指します。転移・再発乳がんはその多くが治らないとされています。しかし、アジアや欧米では既に転移・再発乳癌の根治を目指した治療の研究が積極的に進められております。当院でも患者様が希望されれば、治らない事を前提とした治療のみではなく、積極的に転移巣の無病状態を目指した治療、そして出来るだけ無病状態を長く保つ治療をご提案しています。

診療科長 教授 岸本 昌浩

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

早期乳がんにおいては、ブレストセンターの機能を活かし、他科と協力しながら積極的に根治切除をおこない、整容性を追求します。
進行がん(切除不能・転移・再発乳がん)はほとんどが治らないとされています。確かに比較的予後が良いとされるルミナルタイプ(ホルモン受容体陽性)乳がんでも、臨床試験の結果からは内分泌療法(±CDK4/6阻害薬)から治療を開始した場合の完全寛解率0-6%、50%生存率33-47ヶ月と報告されており、多くの例で無病状態(disease free)に到達する事が出来ません。しかし別の研究では、転移性乳癌であっても無病状態に到達し得た症例の予後は非常に良い事が報告されています(5年生存率78%)。近年の基礎研究で、多くの乳がんは一方通行的に悪性化の一途を辿るのではなく、原発巣や転移巣のおかれる微小環境や増大、それらに対する治療によって、可逆性に大人しくなったり悪性化したりと、常に変化していることが証明されました。そこで当院では、先ず視触診やマンモグラフィ、超音波検査、乳房MRI検査、胸腹部CT検査に加え、必要に応じて骨シンチグラフィ、PET検査、胸・腰椎等のMRI検査を行い、患者様一人ひとりの全身状態を詳細に把握します。そして患者様が希望されれば、標準治療の他に、乳がんの生物学的特性を考慮し、化学療法や内分泌療法、分子標的治療薬、放射線治療、原発巣や転移巣の手術、ラジオ波焼灼術、温熱療法等を集学的に組み合わせ、無病状態を目指します。その後出来るだけ副作用の少ない治療に切り替え、無病状態あるいは休眠状態を出来るだけ長く保つことを目指します。その結果、2014年以降に私が治療を行った転移性ルミナルタイプ乳がん全30例(そのうち切除不能乳がん16例を含む)において、2年および5年生存率はそれぞれ100%、82%、治療開始から5年目を無病状態で迎えられた患者様は73%(8/11例)でした。
乳がんは働き盛り、子育て世代の女性に多い疾患です。標準治療の他に、患者様が希望されれば、あきらめない積極的治療を選択肢の一つとして提案してまいります。

担当している特殊外来

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2019年度)

1日平均入院患者数8.5人
平均在院日数11.5日
1日平均外来患者数43.8人
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
岸本 昌浩 岸本 昌浩 教授 乳腺 医学博士
日本乳癌学会指導医・専門医・認定医
日本外科学会専門医・認定医
検診マンモグラフィ読影認定医(評価AS)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
矢内 洋次 矢内 洋次 講師 乳腺 医学博士
日本乳癌学会専門医・認定医
日本外科学会指導医・専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(A判定)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
宮田 真未 宮田 真未 病院助教 乳腺 日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(A判定)
乳腺超音波認定読影医
梅嵜 乃斗香 梅嵜 乃斗香 研究医員 乳腺 日本乳癌学会乳腺認定医
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(A判定)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳腺超音波認定読影医
吉川 勝広 吉川 勝広 研究医員 乳腺 日本乳癌学会乳腺認定医
日本外科学会専門医
検診マンモグラフィ読影認定医(AS判定)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
乳腺超音波認定読影医
抗菌化学療法認定
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前
初再診
矢内 洋次
初再診
岸本 昌浩
再診
梅嵜 乃斗香
初再診
岸本 昌浩
再診
矢内 洋次
吉川 勝広

午後





閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

胸のしこりにはいくつか種類があります。例えば「乳腺繊維腺腫(せんしゅ)」は、クリクリとした感触で、よく動くのが特徴です。通常は約3センチ以内で成長が止まります。「乳腺症」は、ホルモンのアンバランスによって起きる症状の総称で、月経前にしこり、張り、痛みなどを感じ、月経が始まると改善します。乳腺症の一形態である「のう胞」は、乳管(にゅうかん)が詰まり、液がたまったものです。「葉状(ようじょう)腫瘍(しゅよう)(良性)」は、2~3ヶ月で急激に大きくなるのが特徴です。もしこのような異常を感じたら勇気を出して、一刻も早く乳腺外科の門をくぐりましょう。もし乳がんといわれたら多くの乳がん患者さんは適切な治療を行うことで、治すことが可能です。乳がんは女性にできるがんのなかで最も多く、日本人女性の約20人に1人は乳がんになるといわれています。乳がんの治療において重要なのは、その女性に最も適した治療を行うことです。

乳がんになる危険因子としては
1.食生活の欧米化
2.40歳以上
3.初産年齢:30歳以上
4.子どもの少ない人
5.肥満(標準体重+20%以上)
6.独身の女性
7.閉経年齢:55歳以上
8.親戚に乳がんになった人がいる
などがあげられ、思い当たる要素があればぜひ乳がん検診をうけましょう。

医療関係のみなさんへ

1.3Dマンモグラフィは保険が適応されますか?
通常のマンモグラフィと同じ料金で検査が受けられます。
所要時間も通常とほとんど変わりありません。
安心してお受けください。

2.乳がん検診のクーポンを受け付けていますか?
予約制ですが、受け付けています。
ご予約の程お願いいたします。
3.検診マンモグラフィ(MMG)で石灰化があり検査が必要と指摘されました。どのような検査がありますか?
MMGで精査が必要な石灰化と判断した場合、当院ではステレオガイド下マンモトーム生検と呼ばれる、MMGを撮影しながら石灰化の位置を確認し組織を採取する検査が可能です。とくに当院では側臥位(横に寝ながら)で検査できますので安心して検査をうけることができます。

4.乳がんと診断されました。抗がん剤は必要でしょうか?
乳がんに対する治療は一人一人違います。病理学的検査に基づき、がんのサブタイプ分類(種類)を決定し、それにより治療戦略を決めていきますので、乳がんの患者様全員に抗がん剤が必要という訳ではありません。

5.手術の場合、どの位の入院期間になりますか?
局所麻酔での手術(腫瘤摘出術など)であれば日帰り、乳がんの治療であれば、4日間~7日間前後の期間を要します。乳房再建を行なった場合、2週間前後を要します。

6.再建手術は保険が効きますか?
自分の筋肉を用いる自家移植や、インプラント(シリコン)は保険で手術ができます。主治医の先生とよく相談して納得して治療を受けましょう。
閉じる