概要

呼吸器外科では、入院では主として胸部疾患の手術や侵襲的治療、また肺癌などの周術期補助治療を行います。外来では主として胸部疾患の外科的治療を中心とした治療方針の決定、周術期の管理、術後サーベイランスを行います。
主な対象疾患:肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺癌、胚細胞性腫瘍、他)、気胸(原発性、続発性、他)、胸壁腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胸部外傷

次のような症状を扱っています

胸部異常影/胸部痛/呼吸苦/咳/痰
患者さんにおかれましては、直接的には内科などに受診されると思いますが、担当医などの指示のもとで当科をご受診下さい。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

講師 金田 浩由紀呼吸器外科は、旧附属病院から2006年に附属病院に全面的に移動した後、滝井地区では長らく呼吸器外科手術を行っていませんでした。しかし、新病院開設に伴い2016年からようやく本格的な診療を再開することになりました。その間、呼吸器外科での外科的治療方法や治療方針は大きく変遷していきましたが、これからはあるべき医療の姿を追求し、最新の外科的治療法をもって課せられる期待に応えていきたいと思います。
私たちの掲げる方針は以下の通りです。手術では多くの疾患に対し低侵襲手術を積極的に行っていきます。治癒可能性を求めて拡大手術についても患者さんと相談していきます。手術アプローチでは、様々な開胸方法から完全鏡視下手術までのバリエーションの中で最適な方法を検討します。
枚方に移動した大学から少し離れた滝井の地で、徹底的に臨床的なアカデミアを築いていきたいと考えています。よろしくお願いします。

診療部長 准教授 金田 浩由紀

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

・手術/治療効果の最大化と共に、手術創の最小化/治癒遅延の予防、手術での生体機能温存、周術期合併症の予防/管理、等について、外来-入院-外来を通じた治療を提供していきます。
・手術適応などの治療方針の決定を大切にします。基本的にはEBM(evidence-based medicine)の実践を心がけ、目の前の患者さんへのevidenceの適用の判断を重視します。常には安全で標準的な治療方針の選択を行いますが、時には治療可能性の大きさにかかわらず、患者さんの意向を重視して治療方針の決定を行います。
・臨床研究にも取り組みますが、拮抗する場合には科学的厳密さよりも臨床倫理の求める診療の質的満足度の高さを重視します。
・併存症による治療の制限、重複癌の治療や治療の必要性のある疾患の併存などの状況での治療の優先性や合同治療、診断に難渋する症例での方針、などについて複雑で高度な臨床的判断が求められる症例への治療方針にしっかりと取り組みます。

関連している診療支援部門

担当している特殊外来

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年版)

1日平均外来患者数2.7人
平均在院日数14.9日
1日平均入院患者数2.9人
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
金田 浩由紀 金田 浩由紀 准教授 呼吸器外科全般 日本外科学会認定医、外科専門医、外科指導医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医、気管支鏡指導医、がん治療認定医
中野 隆仁 中野 隆仁 助教 呼吸器外科全般 外科専門医、呼吸器外科専門医、気管支鏡専門医
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前 気胸
中野 隆仁
金田 浩由紀

中野 隆仁

金田 浩由紀
午後


周術期呼吸支援


閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

・私たちは、あなたの治療方針を考えます。
・治療の結果を事前に正確に予測することはできないものであり、医療システムには現実的な限界もありますが、あなたに当てはまると思われる医療情報を提供し、あなたと一緒に相談し、現時点で最も適していると考えられるあなたの治療方針を決めていきます。
・提供する医療技術には自信があります。該当するご病気の方はご相談下さい。

当科は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。
この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。
この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当科が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。何卒趣旨をご理解の上、ご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
より詳細な情報は下記に掲載されていますので、そちらもご覧ください。
http://www.ncd.or.jp/
PDFファイル

医療関係のみなさんへ

当呼吸器外科では、肺癌、転移性肺腫瘍、縦隔腫瘍(胸腺腫、胸腺癌、胚細胞性腫瘍、他)、気胸(原発性、続発性、他)、胸壁腫瘍、悪性胸膜中皮腫、胸部外傷などの主として外科的診断/外科的治療を行います。また、特に以下について専門的な相談を行います。
・多発肺癌に対する治療戦略
・早い段階の肺癌に対する手術の至適時期
・肺癌の術後補助化学療法の適応
・転移性肺腫瘍の局所治療の意義を考慮した治療方法の選択
・再発縦隔腫瘍の手術/治療方法
・気胸の特に初期診療における適切な管理
閉じる