概要

神経内科は神経系と筋肉の疾患を扱う臨床科です。神経系は中枢神経(いわゆる脳や脊髄)と末梢神経に分かれています。当科では急性期脳血管障害以外のすべての神経疾患に対応をいたします。不眠や精神的な問題を抱えた患者さんを対象とした科ではありません。

【神経内科学講座HPはこちら】

次のような症状を扱っています

手足の力がはいらない、歩きにくい、言葉がおかしい、しゃべりにくい、飲み込みにくい、見えにくい、二重に見える、手足がやせてきた、手足の動きがわる い、手足が勝手に動く、まぶたがけいれんする、まぶたが垂れる、力が入らない、よく気を失う、頭痛がひどい、めまい がする、物忘れがめだつ、筋肉が痛い、半身がしびれる、手足がしびれる、顔がしびれる、今まで不都合なく出来ていたことができなくなるなど

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

神経内科は頭痛、めまい、しびれなどの日常的愁訴から神経難病まで幅広い領域をカバーしています。頭痛の多くは「心配のない頭痛」ですが、丁寧な診察をすることで少数の「危険な頭痛」を鑑別し、「心配のない頭痛」に関しては安心を持って帰っていただけるように努めたいと思います。
神経難病の大多数は、加齢とともに増加する老年神経病、若年者により多い「神経免疫疾患」「遺伝性神経疾患」に分類されるかと思います。高度診療機関としての専門性を基にした神経難病を行えるように常に努力いたします。また、老年神経病におきましては、高齢者の特性にも留意し、「生活の質」に配慮した診療を心掛けます。神経免疫疾患、特に重症筋無力症や多発性硬化症に関しましては、日本をリードする診療機関として機能する存在を目指します。
よろしくお願い申し上げます。

診療部長 教授 近藤 誉之

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

脳血管障害以外のすべての神経内科疾患を対象とした診療を行います。
神経難病の診療に対しては高い専門性をベースにするとともに、生活の質を考慮した地域から頼られる医療を志向します。
多発性硬化症、視神経脊髄炎、重症筋無力症などの神経免疫疾患に関しては最新の知見を基にした国内最高レベルの診療を行います。多発性硬化症、視神経脊髄炎の診療に関する考え方はこちらでお示ししています。

関連している診療支援部門

担当している特殊外来

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年版)

平均外来患者数1.5人

外来疾患別患者

パーキンソン病
パーキンソン症候群
多発性硬化症/視神経脊髄炎
重症筋無力症
多発ニューロパチー

検査実績(2016年版)

電気生理検査(針筋電図、誘発筋電図)50件
脳波26件
髄液検査60件
神経生検2件
筋生検4件
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
近藤 誉之 近藤 誉之 教授
診療部長
神経内科一般
神経免疫
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医・指導医
日本認知症学会専門医
中村 正孝 中村 正孝 講師
神経内科一般
神経病理学
日本内科学会総合内科専門医
日本神経学会専門医・指導医
岡田 洋一郎 岡田 洋一郎 助教 神経内科一般
神経免疫
日本内科学会認定内科医
日本神経学会専門医
植木 秀伍 植木 秀伍 任期付助教 神経内科一般
中山 健太郎 中山 健太郎 任期付助教 神経内科一般
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前 近藤 誉之
岡田 洋一郎

中村 正孝
(2・4週)
多発性硬化症
近藤 誉之
近藤 誉之
中村 正孝
近藤 誉之/植木秀伍
岡田 洋一郎
ローテーション
ボトックス
長島 正人
午後





閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

初診の方も含めて、全予約制としています。かかりつけ医から予約をお願いします。

医療関係のみなさんへ

閉じる