概要

眼科外来は午前の一般外来と午後の特殊専門外来、そして最新の機器を備えた検査外来から構成されています。午前の一般外来では紹介状がない場合でも、またどんな疾患でも受診していただけますが、かかりつけの先生に紹介状を書いていただき、さらに地域医療連携部を通して初診予約を取っていただくと、待ち時間が短くなります。もちろん、お急ぎの場合はこの限りではありません。一般外来での診察後、更に専門的な検査・治療を必要とする場合は各特殊専門外来で診療を行います。特殊専門外来は各チームで切磋琢磨して診療に責任をもつという姿勢の診療体制です。
【眼科学教室HPはこちら】

次のような症状を扱っています

視力低下、かすむ(霧視)、ぼやける、虫のようなゴミが見える(飛蚊症)、光って見える(光視症)、物がゆがんで見える(変視症)、中心が見えない(中心暗点)、見える範囲が狭い(視野狭窄)、暗いところで見えない(夜盲)、まぶしい、2重に見える(複視)、目が痛い、虹がかかって見える(虹視症)、充血、めやに、涙がこぼれる、目が乾く、かゆい、瞼が下がる、目が突出している、怪我をした、など、目やその周囲に関するものすべて

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

眼科外来は午前の一般外来と午後の特殊専門外来、検査外来から構成されています。一般外来での診察後、更に専門的な検査・治療を必要とする場合は各専門外来で診療を行ないます。特殊専門外来は、眼科のほぼ全域をカバーしており、各分野のエキスパートが診療にあたりますので、安心して診療を受けていただく事ができます。また、検査機器は最新のものを揃えていますので、確実な診断が得られます。
当科では、最新の医療を提供することはもちろんですが、一人一人の患者さんの人格を尊重し、常に患者さんの立場に立って、患者さんに満足していただけるような診療を心がけています。「関西医大眼科を受診して良かった」と言っていただけるよう、スタッフ一同努力しておりますので、安心して受診して下さい。よろしくお願い致します。

診療部長 教授 西村 哲哉

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

当科では特殊専門外来が充実しており、ほぼすべての眼疾患に専門的な治療を行っています。特に当科の伝統である網膜剥離、黄斑部疾患、糖尿病網膜症を中心とした眼底疾患や、緑内障、白内障の分野では患者数、治療成績ともに国内のトップクラスになっています。

網膜剥離手術件数は年間約200件で、症例によって強膜バックリング法または硝子体手術を選択していますが、約90%の症例に硝子体手術を行っており、疼痛が少なく早期の視力回復が得られています。網膜剥離全体の治癒率(増殖性硝子体網膜症を含む)は97.5%と良好です。最近では25ゲージまたは27ゲージシステムによる小切開無縫合硝子体手術を積極的に取り入れ、手術時間の短縮、手術侵襲の軽減をはかり、より早期の視力回復が得られています。糖尿病網膜症や黄斑部疾患などの眼底病変に対する硝子体手術は年間500件で、糖尿病網膜症の手術成功率は98%、黄斑円孔の閉鎖率はほぼ100%です。血管新生緑内障を併発した重症の増殖糖尿病網膜症には、新しく開発された抗新生血管薬を術前に硝子体注入し、良好な結果を得ています。加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)は国内でいち早く取り入れ、80%の症例で視力の改善または維持が得られています。最近では抗新生血管薬の硝子体注入を行い、さらに良好な治療成績を得ています。視力が不良の場合には残存視力を最大限に活用すべく、ロービジョン対策も行っています。また緑内障手術は年間150件、白内障手術は1100件で合併症はほとんどなく、いずれも良好な治療成績を得ています。緑内障では、選択的レーザー線維柱帯形成術の凝固装置を導入し、良好な結果を得ています。白内障は水晶体脱臼や小瞳孔などの難症例にも対応しており、眼内レンズ脱臼例には、大きい切開を必要としない眼内縫着法を行っています。

関連している診療支援部門

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2016年版)

1日平均入院患者数32.1人
平均在院日数6.1日
1日平均外来患者数150.2人

手術実績(2016年版)

網膜剥離手術146件
硝子体手術496件
加齢黄斑変性に対する光線力学療法(PDT)41件
緑内障手術187件
白内障手術1170件
抗VEGF療法約1500件

その他先進医療等(2016年版)

多焦点眼内レンズ20件
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
西村 哲哉 西村 哲哉 教授 網膜硝子体、黄斑、糖尿病網膜症、白内障 眼科専門医
尾辻 剛 尾辻 剛 准教授 黄斑、ぶどう膜炎、眼循環、緑内障、白内障 眼科専門医
松岡 雅人 松岡 雅人 講師 糖尿病網膜症、緑内障、白内障 眼科専門医
小池 直子  小池 直子  助教 黄斑、ぶどう膜炎、眼循環、角膜、白内障 眼科専門医
三木 克朗 三木 克朗 助教 黄斑、角膜、白内障 眼科専門医
三輪 加耶子 三輪 加耶子 助教 糖尿病網膜症、緑内障、白内障 眼科専門医
畔 満喜 畔 満喜 助教 糖尿病性網膜症、緑内障、白内障 眼科専門医
盛 佑子 盛 佑子 助教 角膜、斜視、弱視、白内障 眼科専門医
境 友起夫 境 友起夫 助教 眼科一般
前田 敦史 前田 敦史 助教 眼科一般
西山 悠布子 西山 悠布子 助教 眼科一般
上原 雅美 上原 雅美 研究医員 斜視、弱視 眼科専門医
伊東 良江 伊東 良江 研究医員 糖尿病網膜症、白内障 眼科専門医
宮島 理乃 宮島 理乃 研究医員 斜視、弱視 眼科専門医
桑原 敦子 桑原 敦子 研究医員 緑内障 眼科専門医
河合 江実  河合 江実  研究医員 ロービジョン 眼科専門医
三間 由美子 三間 由美子 研究医員 角膜、白内障 眼科専門医
津村 晶子 津村 晶子 研究医員 黄斑 眼科専門医
南野 桂三 南野 桂三 研究医員 緑内障 眼科専門医
竹内 正光 竹内 正光 研究医員
田上 伸子 田上 伸子 研究医員
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前 尾辻 剛
畔 満喜
西山 悠布子
前田 敦史
松岡 雅人
小池 直子
三木 克朗
三輪 加耶子
西村 哲哉
伊東 良江
三輪 加耶子
境 友起夫
西山 悠布子
尾辻 剛
小池 直子
前田 敦史
境 友起夫
黄斑
津村 晶子
境 友起夫
松岡 雅人
畔 満喜
三木 克朗
ローテーション
西村 哲哉
午後 角膜コンタクト
三間 由美子
三木 克朗
境 友起夫
緑内障
松岡 雅人
南野 桂三
桑原 敦子
三輪 加耶子
畔 満喜
西山 悠布子
前田 敦史
黄斑
尾辻 剛

ぶどう膜循環
尾辻 剛
小池 直子
ロービジョン・ 眼鏡処方
松岡 雅人
黄斑
三木 克朗
弱視 (1・3・5週)
畔 満喜
西山 悠布子
宮島 理乃
ロービジョン・
眼鏡処方(2・4週)

河合 江実
糖尿病
三輪 加耶子
斜視
畔 満喜
西山 悠布子
宮島 理乃
上原 雅美
(3週のみ)
糖尿病
松岡 雅人
ぶどう膜循環
前田 敦史




閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

当科では患者様に最高かつ最良の医療を提供すべく、抗新生血管薬、小切開無縫合硝子体手術など、新しい治療法にも積極的に取り組んでいます。また疾患の治療だけでなく患者さんに満足していただける医療サービスを提供できるよう心がけており、「関西医大眼科を受診してよかった」と患者さんに思っていただけるよう、スタッフ一同努力しておりますので、安心して受診して下さい。また、当科では外来の待ち時間短縮のため、手術などの治療が終わった患者さんや、病状が落ち着いた患者さんには、できるだけ元のかかりつけ医に戻っていただくようにしております。その際には詳しい紹介状を作製しますし、必要があればまた当科を受診することも可能ですので、御協力よろしくお願い致します。

医療関係のみなさんへ

当科では病診連携を強化し、手術などの治療が終わった患者さんは、できるだけ早くかかりつけ医に戻っていただくようにしております。それによって外来の待ち時間を短縮し、初診患者さんが受診しやすいように配慮しておりますので、よろしくお願い致します。
閉じる