概要

消化器肝臓内科は、消化管(食道・胃・腸)・肝・胆・膵領域等の疾患を対象にする診療部門です。患者さんに「安らぎ」を得て頂けるよう、専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーに、常に患者さんにより良い医療を提供できるように努めています。

【内科学第三講座HPはこちら】

次のような症状を扱っています

悪心/嘔吐/胸やけ/吃逆/口臭(呼気臭)/食欲不振/胃部不快感/嚥下困難/腹痛/腹部膨満/腹鳴/排ガス/下痢/便秘/背部痛/吐血/下血/血便/黄疸

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

消化器肝臓内科は、さまざまな消化器疾患に対してスタッフが消化管・肝臓・胆膵の3つの分野に分かれて専門診療を行っています。当科受診のきっかけとなる腹痛、嘔吐、下痢、便秘などの腹部症状の背景には癌を含めて様々な病気が存在します。癌については、日本人の2人に1人が罹患し、3人に1人が死亡している現状です。特に、癌死亡数の上位5疾患のうち4つを消化器領域の癌(胃、大腸、肝臓、膵)が占めています。しかし、消化管(食道・胃・大腸)の癌は早期に発見されれば手術を行わず内視鏡的切除で根治が可能であり、当科では内視鏡検査による早期発見と内視鏡治療に積極的に取り組んでいます。また、胃癌、肝臓癌の発症予防を目指して、ピロリ菌陽性の慢性胃炎に対する除菌治療や、B型・C型肝炎ウイルス感染に対する経口抗ウイルス薬治療を行っています。近年、食事を含めた生活環境の変化により、逆流性食道炎、機能性ディスペプシアや過敏腸症候群などの機能性消化管障害、潰瘍性大腸炎やクローン病を含む炎症性腸疾患、過食・肥満に関連した非アルコール性肝疾患などが増加の一途をたどっています。当科では、これらの疾患に対しても最新の知見に基づく薬物療法を行いながら、個々人に適した生活指導も併せて行っています。今後も、外科や放射線科など他の診療科と提携しつつ、患者様の立場に立って安心できる最良の医療を提供していきたいと考えております。

診療部長 教授 西尾 彰功

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

A:消化管部門
2016年5月1日内視鏡センターの開設に伴い設備・機器が更新され、快適な環境で内視鏡検査・治療を受けていただけるようになりました。
1.上部消化管(食道・胃・十二指腸)疾患の診断には、通常の経口内視鏡による検査に加えて、鎮静薬の使用や経鼻内視鏡を用いて苦痛の少ない検査を心がけています。食道癌や胃癌のリスクの高い患者さんには、内視鏡検査時に通常光観察に加えて拡大観察や特殊光(NBI)観察を行い癌の早期発見に努めています。早期の食道癌や胃癌に対して超音波内視鏡による深達度評価を行い、低侵襲治療である粘膜切除術(EMR)や粘膜切開剥離術(ESD)などの内視鏡的治療に積極的に取り組んでいます。
2.胃十二指腸潰瘍の再発予防や悪性胃リンパ腫に対する非外科的治療法としてヘリコバクターピロリの除菌療法を施行しています。胃十二指腸潰瘍などの消化管出血や食道静脈瘤に対する内視鏡的治療も積極的に行っています。経口摂取困難な症例には胃瘻造設も行っています。
3.小腸疾患に対しては、X線透視、CTなどの検査に加えて、カプセル内視鏡による診断を行っています。小腸内視鏡検査の適応症例は附属病院と連携して検査を受けていただいております。
4.大腸疾患の内視鏡による早期診断とポリープ・早期癌に対する粘膜切除術(EMR)や粘膜切開剥離術(ESD)などの内視鏡的治療に精力を注いでいます。潰瘍性大腸炎やクローン病に代表される炎症性腸疾患の診断・治療にも取り組んでいます。消化管狭窄に対する拡張術やステント留置などの治療も行っています。

B:肝臓部門
当院は2008年7月に大阪府肝疾患診療連携拠点病院(府内5施設)に指定され、それに伴い肝臓病センターが2009年3月に開設されました。肝炎の総合対策を盛り込んだ肝炎対策基本法が2009年12月30日に成立し、肝疾患診療は新たな局面を迎えています。当科は肝臓病センターの中心的役割を果たしており、急性肝炎(劇症肝炎)・慢性肝炎・肝硬変・肝癌、薬物性肝障害、アルコール性肝障害、難治性の肝臓病である自己免疫性肝炎・原発性胆汁性肝硬変症、さらに生活習慣病に関連した脂肪肝・脂肪性肝炎など様々な肝疾患に対して関連各科と協力し高度で先進的な医療を実践しています。
1.慢性肝炎(B、C型ウイルス性肝炎)に対しては、肝生検に基づいた病期診断を行い、最新の抗ウイルス薬を用いた治療を提供しています。
2.肝癌(肝細胞癌、転移性肝癌)に対しては、各種画像診断、腫瘍生検により早期診断に努め、放射線科協力のもと血管造影下のCT検査を駆使し、マイクロ波、ラジオ波など医療工学機器を用いた最先端局所治療と肝動脈塞栓療法などを用いた集学的治療を実践しています。高度進行肝癌に対しては、分子標的薬を用いた全身化学療法、リザーバーによる抗がん剤動注治療や放射線照射療法などを行っています。
3. 劇症肝炎など肝不全に対し、救命救急センター、透析センターの協力のもと、血液浄化療法を中心に最高水準の集学的治療を提供し救命率向上に努めています。
4:肝移植に関しては、近畿圏の移植外科との連携を基に、肝移植の窓口となるべく、積極的に取り組んでいます。

C:胆膵部門
胆道・膵の良性疾患・悪性腫瘍に対して、腹部超音波、CT、MRIによるスクリーニング、内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)などによる精確な診断に努めています。総胆管結石・胆管炎に対しては内視鏡的ドレナージ、内視鏡的乳頭切開術(EST)及び拡張術(EPBD)などで対応しています。手術適応例では、外科と連携して悪性疾患による閉塞性黄疸に対しては内視鏡的ドレナージを行うなど、手術までの待機期間のマネージメントに取り組んでいます。悪性腫瘍の手術不能例では化学療法を行いながら、内視鏡的ステント留置による減黄術などQOLを保つための種々の療法を行っています。
 
当科と関連のある学会指導施設としては日本内科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本カプセル内視鏡学会、日本肝臓学会、日本超音波医学会などがあり、多数の専門医・指導医を擁しています。さらに、消化器・肝臓病診療に関するセカンドオピニオンも受け入れています。
 
以上のように、関西医大総合医療センターの消化器肝臓内科は専門性を発揮しつつ全人的診療にあたることをモットーに、常に患者さんにより良い医療を提供できるように努めています。
 

 

担当している特殊外来

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診察実績(2016年版)

平均入院患者数44.7人
平均在院日数13.5日
平均外来患者数99.7人

内視鏡センター 手術・検査実績

上部内視鏡検査3,040件
経鼻上部内視鏡検査126件
下部内視鏡検査1,327件
カプセル内視鏡検査44件
超音波内視鏡検査(EUS)(上部・下部・胆膵)129件
上部消化管治療(ESD・EMR・ステント留置など)121件
下部消化管治療(ESD・EMR・ステント留置など)218件
内視鏡的消化管止血術(上部/下部)98件
内視鏡的食道静脈治療(EIS・EVL)111件
内視鏡的膵胆管造影関連手技165件

肝臓病センター 手術・検査実績

経皮経肝胆管ドレナージ術(PTCD)5件
エコー下肝生検(肝腫瘍生検含む)204件
肝癌局所治療(ラジオ波焼灼術、マイクロ波凝固術、エタノール注入術)89件
肝動脈(化学)塞栓療法[TA(C)E]等195件
B型慢性肝炎に対する核酸アナログ治療(新規)33件
C型慢性肝炎に対するインターフェロンフリー治療128件
腹水濾過濃縮再静注法(入院・外来)5件
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
西尾 彰功 西尾 彰功 教授
消化器全般
(特に内視鏡診断と治療、炎症性腸疾患)
総合内科専門医、消化器病指導医、肝臓指導医、消化器内視鏡指導医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
松下 光伸 松下 光伸 准教授
医局長
消化器全般
(特に内視鏡診断と治療、炎症性腸疾患)
総合内科専門医、消化器病指導医、消化器内視鏡指導医、病理解剖医、大阪府難病指定医
鉢嶺 大作 鉢嶺 大作 講師
病棟医長
消化器全般
(特に内視鏡診断と治療)
消化器病専門医、 消化器内視鏡専門医、ピロリ菌感染症認定医、大阪府難病指定医
小薮 雅紀 小薮 雅紀 講師
外来医長
消化器全般
(特に内視鏡診断と治療)
消化器内視鏡指導医、消化器病専門医、肝臓専門医、大阪府難病指定医
若松 隆宏 若松 隆宏 講師 消化器全般
(特に内視鏡診断と治療)
総合内科専門医、消化器内視鏡指導医、カプセル内視鏡指導医、胃腸科指導医、消化器病専門医、肝臓専門医、がん治療認定医、ピロリ菌感染症認定医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
村田 美樹 村田 美樹 講師 消化器、肝臓疾患
(特に肝疾患の診断と治療)
消化器病専門医、肝臓専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
津田 梨那子 津田 梨那子 助教
教育医長
消化器、肝臓疾患 消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
山科 雅央 山科 雅央 助教 消化器、肝臓疾患 消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
高橋 悠 高橋 悠 助教 消化器全般
(特に内視鏡診断と治療)
消化器病専門医、消化器内視鏡専門医、がん治療認定医、ピロリ菌感染症認定医、消化管学会胃腸科認定医、大阪府難病指定医
住本 貴美 住本 貴美 助教 消化器全般
(特に内視鏡診断と治療)
総合内科専門医、消化器内視鏡指導医、消化器病専門医、肝臓専門医、大阪府難病指定医
齊藤 夏子 齊藤 夏子 助教 消化器全般
坂尾 将幸 坂尾 将幸 助教 消化器全般
髙折 綾香 髙折 綾香 任期付助教 消化器全般
加納 真孝 加納 真孝 任期付助教 消化器全般
四十万谷 卓也 四十万谷 卓也 任期付助教 消化器全般
明石 夕香 明石 夕香 非常勤講師 消化器、肝臓疾患 (特に肝疾患の診断と治療) 超音波指導医、消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医
是枝 ちづ 是枝 ちづ 医員 消化器、肝臓疾患
(特に肝疾患の診断と治療)
消化器病指導医、肝臓指導医、消化器内視鏡専門医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
坂口 雄沢 坂口 雄沢 医員 消化器、肝臓疾患 消化器病専門医、肝臓専門医、消化器内視鏡専門医、病理解剖医、大阪府指定医(身体障害者福祉法:肝臓障害)、大阪府難病指定医
池田 耕造 池田 耕造 医員 消化器、肝臓疾患
(特に肝癌)
谷野 朋子 谷野 朋子 医員
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前 關 壽人
西尾 彰功
小薮 雅紀
住本 貴美
若松 隆宏
鉢嶺 大作
津田 梨那子
山科 雅央
關 壽人
若松 隆宏
小薮 雅紀
津田 梨那子
西尾 彰功
松下 光伸
村田 美樹
肝臓
是枝 ちづ
松下 光伸
西尾 彰功
村田 美樹
上部消化管
高橋 悠
ローテーション
坂尾 将幸
午後 住本 貴美
山科 雅央
上部消化管
鉢嶺 大作


肝臓
關 壽人
村田 美樹
上部消化管
高橋 悠
坂尾 将幸
上部消化管
鉢嶺 大作
高橋 悠

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

医療関係のみなさんへ

閉じる