概要

消化管外科は食道、胃、小腸、大腸、肛門などの病気を手術で治す科です。食道と胃の上部消化管を担当するチームと大腸、肛門を担当する下部消化管のチームとに分かれています。悪性腫瘍(がん)が最も多く、炎症性腸疾患、機能性腸疾患も治療します。またGISTやカルチノイドなどのまれな疾患も治療しています。手術は主に腹腔鏡補助下手術で行っています。進行再発大腸がんに対しては全例全身化学療法を行っています。

次のような症状を扱っています

腹痛、下痢、排便時出血、便秘などのいわゆる消化器症状を扱っています。症状がなくても検診で便鮮血が陽性などの異常を指摘されて受診される患者さんもおられます。だだ、何か症状があって直接消化管外科を受診される患者さんは少なく、多くは消化器内科で検査の結果、胃や大腸に病気が見つかって手術が必要となる場合に紹介されてこられます。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

消化管外科では、消化管領域(食道、胃、小腸、大腸、肛門)の主要疾患に対して手術を中心とする治療を行っております。主な対象疾患は、がんをはじめとする悪性腫瘍ですが,最新の医療,高度先進医療の提供を目指しています。特に内視鏡外科の充実を図り,胃がんや食道がん,大腸がんなど積極的に低侵襲な内視鏡手術(腹腔鏡手術・胸腔鏡手術)を行っています。最新治療としては単孔式内視鏡手術を行っており、胃腫瘍に対する単孔式腹腔鏡・内視鏡合同手術(TANKO-LECS)や単孔式胃内手術(TANKO-LIGS)などで、臍(へそ)1ヶ所の創で行う整容性に優れた低侵襲な手術です。がん治療においては、手術以外に外来化学療法も含め,ガイドラインに基づいた抗がん剤治療や緩和治療も行っております。さらに、がん以外にも消化管の良性疾患の治療にも積極的に取り組んでおり、食道裂孔ヘルニアやアカラシア、炎症性腸疾患、機能性腸疾患(排便障害など)の手術を行い、良好な成績が得られています。
当科の医師は各々の専門分野領域で豊富な知識と経験を有しており、自信をもって、治療に臨んでおります。また、消化器内科、麻酔科、放射線科、集中治療部、その他多くの診療科の医師や看護師、薬剤師などのメディカルスタッフの協力の下、チーム医療で、最善の治療の提供に心がけております。どうぞよろしくお願いいたします。
 

診療部長 教授 山道 啓吾

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

消化管外科は対象疾患がほぼ悪性腫瘍であり、治療対象の悪性腫瘍に対する根治性を落とすことなく、手術術式の選択を行っています。上部消化管外科では胸部食道癌に対する手術や早期胃癌に対する手術は鏡視下手術を行っています。また下部消化管外科では大腸癌に対する手術は内視鏡外科技術認定医のもと、ほぼ腹腔鏡下手術を行っています。鏡視下手術は創が小さく、患者さんへの負担も少ないと報告されており、それにより患者さんは術後経過も順調に過ごせ軽快退院されます。

 しかし、すべての患者さんに鏡視下手術が可能ということではなく、高度進行腫瘍の場合、化学療法や放射線療法などの集学的治療も必要となりますが、この様な患者さんにも当科が主科となって治療に当たります。

関連している診療支援部門

担当している特殊外来

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2019年度)

1日平均入院患者数15.6人
平均在院日数20.3日
平均外来患者数29.3人

疾患別患者数(2016年)

大腸がん(入院、外来を含む)
大腸がん化学療法導入患者33例
大腸肛門機能障害患者(入院、外来を含む)83例
胃がん(入院、外来を含む)105例

手術実績(2016年)

食道がん手術7件
胃がん手術52件
結腸がん手術(腹腔鏡手術)61件(50件)
直腸がん手術(腹腔鏡手術)39件(35件)

検査実績(2016年)

上部消化管内視鏡検査478件
肛門内圧検査24例
Defecography24例
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
山道 啓吾 山道 啓吾 教授
外科部長
上部消化管外科(食道がん、胃がん、食道良性疾患など)、腹腔鏡手術、単孔式腹腔鏡手術、消化器がん化学療法
日本外科学会指導医・専門医
日本消化器外科学会指導医・専門医・消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構認定医
日本食道学会食道外科専門医・食道科認定医・評議員
日本胃癌学会評議員
日本内視鏡外科学会評議員
近畿外科学会評議員
単孔式内視鏡手術研究会世話人
阪神食道疾患検討会世話人
関西がんチーム医療研究会世話人
近畿過大侵襲研究会世話人
近畿腹腔鏡下胃切除セミナー世話人
厚生労働省主催緩和ケア基本教育のための指導者研修修了

徳原 克治 徳原 克治 准教授 下部消化管外科、大腸癌、炎症性腸疾患、
腹腔鏡手術、消化器がん化学療法 
日本外科学会専門医・指導医
日本消化器外科学会専門医・指導医
日本内視鏡外科学会技術認定医(消化器・一般外科)
消化器がん外科治療認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本大腸肛門病学会専門医・指導医
身体障害者福祉法指定医(ぼうこう・直腸機能障害)
大阪府難病指定医
日本内視鏡外科学会評議員
近畿外科学会評議員
橋本 祐希 橋本 祐希 病院助教 外科一般
松井 雄基 松井 雄基 任期付助教 外科一般
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 教授=教授
  • 准教授=准教授
  土(第2、4を除く)
午前 骨盤機能外来
吉岡 和彦
大腸外来
大腸化学療法外来
徳原 克治
消外・肝外共通ローテーション
(手術日につき専門医不在の場合もあります)
WOC
河内 由紀
辻本 望
(認定看護師)
一般外来
松井 雄基
食道・胃外来
山道 啓吾
消外・肝外共通ローテーション
(手術日につき専門医不在の場合もあります)
骨盤機能外来
吉岡 和彦
大腸外来
大腸化学療法外来
徳原 克治
胃化学療法
山道 啓吾


消外・肝外共通ローテーション
(手術日につき専門医不在の場合もあります)
午後 大腸
吉岡 和彦
徳原 克治
食道・胃
橋本 祐希
セカンドオピニオン
(大腸)
徳原 克治




大腸
吉岡 和彦
徳原 克治
食道・胃
山道 啓吾

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

当科では胃癌、大腸癌を中心とした消化管疾患に対し、専門医を中心に治療にあたっております。外科的治療に関して何か不明な点がございましたら、お気軽にご連絡あるいは受診いただければ幸いです。

医療関係のみなさんへ

大阪府指定がん診療連携拠点病院の認可をうけました2015年4月以降、当科ではがん術後地域連携パスを積極的に導入しています。これにより、従来より精度の高い術後の経過観察が可能となります。今後とも地域連携パス普及のため、ご協力の程よろしくお願いいたします。
閉じる