概要

様々な消化器・呼吸器疾患の患者様に最新の内視鏡診療を提供するために設立されました。総面積は360㎡で、消化管内視鏡検査室が4室、Cアーム型透視装置を有するX線透視室、前処置室、回復室、検査状況を監視するモニター室、洗浄室などで構成されています。下部消化管検査の前処置スペースとトイレが4室、身体障害者用にトイレを完備した個室が2室、検査後の休養のためにベッドとリクライニングチェアが各3台設置されています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

これまで旧本館地下の内視鏡室で消化管・気管支内視鏡検査を行ってきましたが、新本館移転に合わせて設備と規模を拡張して内視鏡センターとして新たにスタートすることになりました。近年、内視鏡機器の進歩と相まって消化管・呼吸器疾患の診断・治療に大きな進展がみられ、内視鏡検査や治療を受けられる患者様が年々増加しています。当センターでは多数の経験豊かな内視鏡専門医が検査に従事しており、院内各科と連携を取りながら的確な診断と治療に取り組んでいます。また、患者様に安心して検査を受けていただけるように配慮した環境と設備を備えています。今後当センターの設備を最大限に活用して患者様に安全で最良の医療を提供していく所存です。

センター長 西尾 彰功

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

上部消化管(食道・胃・十二指腸)疾患の診断には、高画質の経口内視鏡による検査に加えて鎮静剤投与や経鼻内視鏡検査による苦痛の少ない検査を心がけています。食道癌や胃癌のリスクの高い患者様には、内視鏡検査時に通常光観察に加えて特殊光観察や拡大観察を行い癌の早期発見に努めています。早期の食道癌や胃癌に対しては、超音波内視鏡による深達度診断を行い、粘膜切除術や粘膜剥離術などによる低侵襲の内視鏡的切除治療を積極的に行っています。総胆管結石や膵胆道悪性疾患に対しては、内視鏡的に結石除去やステント挿入などの治療を行っており、日本消化器内視鏡学会の指導施設に認定されています。小腸疾患が疑われる患者様には外来でカプセル内視鏡検査を行っており、日本カプセル内視鏡学会の指導施設にも認定されています。胃十二指腸潰瘍や食道静脈瘤破裂などによる急性消化管出血に対しては緊急で内視鏡的止血治療が可能な体制をとっています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

苦痛の少ない検査をうけていただくために、鼻からの上部内視鏡検査や鎮静剤を使用した上部・下部消化管内視鏡検査を行っております。希望のある患者様は検査予約の際に担当医にご相談ください。

医療関係のみなさまへ

上部消化管、小腸、下部消化管、胆膵、呼吸器の各領域に経験豊かな医師が内視鏡検査に従事しております。開業されている先生方および病院の先生方からの様々なご依頼に対してまして、速やかに内視鏡検査・治療を行い結果を報告させていただきます。

閉じる