海外渡航者医療センター

概要

平成19年に開設された海外渡航者を対象とした専門外来です。トラベルクリニックや渡航外来と呼ばれています。
今日における海外の渡航者は、観光旅行や海外赴任、海外留学と多岐にわたり、渡航先も東アジアを筆頭に、東南アジア、南アジア、欧米、アフリカと複雑化しています。それに伴い、渡航前・渡航中・渡航後の健康管理は専門化しているのが現状です。
本外来では、渡航前の健康状況審査から渡航先での健康維持管理に必要な知識の啓発、渡航中の健康障害に関するメール相談、渡航後の熱帯病などの治療、ワクチンの接種を行っています。


渡航外来よもやま話

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

私は、1990年代から、アフリカから帰国された女性がマラリアに罹患し、それを治療したことから熱帯病に興味を持ち、海外渡航者の健康管理を専門的に行う様になりました。その後、アフリカ学会の有志とともに「マラリア情報ネットワーク」の立ち上げに参加し、我が国最初の邦文の渡航医学関連ホームページをインターネット上に立ち上げました。国際的にもその頃渡航医学の体系化がスイスのチューリッヒ大学を中心になされ、新しい医学領域として確立されました。その後、我が国で外務省や厚生労働省幅検疫所などの関連省庁と連携し、日本渡航医学会の立ち上げを行い現在に至っております。この外来は渡航医学のすべてを網羅した専門外来として立ち上げました。大阪府では初めて、プレトラベルからポストトラベルまで完備した診療施設として、日本渡航医学会から認定されております。
 

センター長 教授 西山 利正

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

海外渡航者医療センター  気候や衛生環境が異なる海外では、発熱や下痢などを起こすことが多く、原虫やウイルスによる感染症であることも少なくありません。海外での疾病流行状況や医療機関情報提供をはじめ、予防接種などを行っています。予防接種は、二種混合(DT)、四種混合(DPT/IPV)、破傷風、狂犬病、A型肝炎、B型肝炎、日本脳炎、腸チフス、髄膜炎菌(性髄膜炎)などのトラベラーズワクチンを受けることができます。

 

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

<海外渡航外来における Covid-19 PCR検査について>事前予約必要】
仕事などで渡航される際に入国先から求められる、PCR検査での陰性証明と英文健康証明書のニーズに応える事を目的とします。

・事前予約必要(予約時に入国先、入国日、入国先からの制限や条件等伺います。)
・検査可能日は月・水・金の9時から11時まで、1日5件を目途にお受けしています。
・入国先からの提出を求められていることが確認できない場合等、検査をお受けできないことがあります。
・詳しくはお問い合わせください。

<お知らせ>
当外来ではこれまで完全予約制で行って参りましたが、突然出張が入ったりするなど、急の予定変更が生じた場合においても必要なワクチン接種を行えるようにするため、予約のない方に対するワクチン接種受診にも対応できるようになりました。ただし、健診につきましては、従来通り予約制での受付となります。
当院ではワクチンを接種する度ごとにワクチン接種記録帳に接種内容など必要事項を記載してその場で交付致します。接種記録帳とは別に接種証明書を希望される場合、証明書作成に日数を頂くことがございます。

<診療日・担当医>
月曜日:西山利正教授
火曜日:西山利正教授
水曜日:三島伸介助教
金曜日:三島伸介助教
土曜日(第2・4土曜日を除く):石﨑浩之医師

<受診方法>

・予約センターにて受付
・予約なしでも受診可能です

 

医療関係のみなさまへ

閉じる