臨床倫理・合意形成支援センター

概要

臨床倫理・合意形成支援センターは、関西医科大学総合医療センターにおける医療行為に関して、患者中心の医療を推進することを理念とし、患者や家族の個別的な倫理的課題を把握し対応するため、また臨床倫理的課題について病院の方針を決定するために設置されました。臨床倫理コンサルテーションチームが医療の様々な場面で生じる個別的な倫理的課題に対して依頼を受け、助言や支援を行っていきます。また、臨床倫理委員会では、臨床倫理に関する課題に対処するための病院としての方針・考え方を定める活動をしていきます。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

 近年、標準的でかつ安全性の高い医療が求められ、患者の権利尊重や意思尊重が謳われる中で、臨床現場では様々な倫理的ジレンマが生じています。これらの問題を当事者個人の問題に帰するのではなく、組織として支える仕組みが必要です。臨床倫理とは、意思決定のプロセスと合意形成のあり方について考えることであり、診療やケアの選択・意思決定の問題が中心となります。臨床倫理の営みは未だ試行錯誤のところがありますが、医療の中心的な命題であり、医療そのものであると考えます。当院における医療のより良い満足度を目指して活動していきたいと考えています。

センター長 准教授 金田 浩由紀

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

臨床倫理コンサルテーションチームでは、現在3名の臨床倫理コンサルタントを中心として活動しています。医療従事者、患者・家族、その他の関係者から、臨床実践での診療やケアにおいて生じる個別的な倫理的諸問題に関する相談を受けつけています。四分割表などを用いて検討を行い、個別性に応じた医療倫理原則の適応を図り、臨床倫理コンサルタントが助言や支援を行います。
臨床倫理委員会は、専門性のある問題について各診療科の先生のご協力を仰ぎ、臨床倫理コンサルタントとともに定期的に開催していきます。主な業務は、臨床倫理コンサルテーションチームの活動の管理を行うこと、決疑論として必要な院内指針の策定をしていくこと、院内職員の啓発活動、などとしています。
臨床倫理コンサルテーションチームはその活動に関して臨床倫理委員会への報告の義務を負い、臨床倫理委員会では臨床倫理コンサルテーションの活動の管理を負うという関係となっています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる