概要

近年、我が国も高齢化社会を迎え運動器疾患が急速に増加してきています。中でも脊椎、末梢神経疾患は、高度な技術を要する手術や長時間にわたる高侵襲な手術が多く、手術が必要であるにもかかわらず躊躇される方も多いのが現状です。我々は、画像で捉えられない病変を電気生理学的検査を駆使して病変部を明らかにし、障害部を確実に取り除くことにより症状の改善を図るよう努めております。また、手術に際しては安全・確実に手術が行えるよう運動神経・感覚神経両者の機能が保たれているかを術中監視しながら手術ができる脊髄機能モニタリング法を全国的にも他施設に先駆けて整備、実施しており、先進的な内視鏡、顕微鏡手術を安全かつ確実に行っております。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

現在準備中です。

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

我々は、画像で捉えられない病変を電気生理学的検査を駆使して病変部を明らかにし、障害部を確実に取り除くことにより症状の改善を図るよう努めております。そのために我々は大学病院として常に電気生理学的な基礎研究や小侵襲手術法の開発など最先端の研究開発を行っており、これをいち早く治療に取り入れることにより臨床成績を改善させてきました。また、手術に際しては安全・確実に手術が行えるよう運動神経・感覚神経両者の機能が保たれているかを術中監視しながら手術ができる脊髄機能モニタリング法を全国的にも他施設に先駆けて整備、実施しており、先進的な内視鏡、顕微鏡手術を安全かつ確実に行っております。
具体的には腰椎の内視鏡手術、経皮的にスクリューを刺入する小侵襲固定術、1泊2日で行う骨粗鬆性脊椎圧迫骨折に対するセメント注入治療(Baloonkyphoplasty)、神経モニタリングを行いながら安全に行う胸腰椎側方アプローチによる前方固定術(XLIF)など、小侵襲手術を中心に年間約600例の手術を施行しております。
 

 四肢にしびれや痛みを生ずる疾患であり、頸椎や腰椎疾患と間違われて治療されることがある末梢神経疾患として手根管症候群、肘部管症候群、胸郭出口症候群、梨状筋症候群などのいわゆる絞扼性神経障害があります。これらは症状が脊椎疾患と非常に似通って発症することがあり鑑別が必要になることがあります。我々はこのような理由からこれらの末梢神経疾患の治療は脊椎疾患と同一施設で常に両者を念頭に置きながら治療を進めてゆく必要があると考えており、このような末梢神経の絞扼性神経障害に対しても電気生理学的検査法を新たに開発し治療に当たっております。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

当脊椎センターは脊椎小侵襲手術、XLIFなど最新の手術を積極的に取り入れ、年間600例ほどの脊椎脊髄手術を行っております。脊椎センタースタッフを募集しています。
私たちの仲間として一緒に働いてみませんか?
最新の脊椎手術手技を会得したい方、脊椎外科の専従医として勤めたい方をはじめ、やる気のある方であれば大歓迎です。関心のあるDRは脊椎センターまでご一報下さい。

閉じる