網膜硝子体センター

概要

 網膜硝子体センター受付網膜硝子体センターは眼科を中心とした関連各科と連携し、最新の治療をより安全に受けていただくよう平成27年3月に発足しました。

  硝子体手術機器としては、現在稼働中の高性能の手術装置に加え、新たに国際的にも高い評価を得ている最新の手術装置を導入しました。また糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症、網膜裂孔の治療としてレーザー治療がありますが、短時間の治療時間で痛みがない最新のレーザー機器を導入予定で、患者さまの負担軽減に努力しております。硝子体注射でも平成28年春に開院予定の新病院ではより多くの患者さまにできるだけ早く治療できるように、注射専用ベッドを確保いたしました。

  また診断機器もすでに最新のものが揃っていますが、さらに次世代の高侵達光干渉断層計(OCT)が導入予定となっており、より低侵襲で正確な診断ができるように体制を整えつつあります。

  これからも安心で満足いただける医療を提供できるよう、職員一同努力してまいります。 

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

網膜硝子体センター パターンスキャンレーザー網膜硝子体疾患の治療は近年めざましい進歩を遂げています。難治性の増殖糖尿病網膜症や重症の網膜剥離といったこれまで治療が困難であった症例も手術機器や手術顕微鏡の進歩で治療が可能となりました。また加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症など従来は視力回復が困難であった疾患も特殊な薬物を眼内に投与することで、早期発見できれば視力回復が可能な時代になってきました。当院ではいち早くこれらの最新の治療を導入し、数多くの実績をあげてきました。

センター長 教授 西村 哲哉

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

網膜硝子体センター 高深達OCT網膜とは、眼球の一番後ろにあり実際に映像を映し出しているところです。現在の医学では代替となる人工物がなく、万が一病気を発症したら治療は非常に困難です。硝子体とは網膜に接してその前方に存在するゼリー状の透明組織で、加齢に伴い変性し、硝子体と網膜との癒着がある場合は網膜を牽引して重篤な疾患を引き起こす場合があります。また網膜の後方に存在し、網膜に酸素や栄養分を補給する脈絡膜という血管でできた組織がありますが、網膜・硝子体に脈絡膜が原因の疾患を含めて網膜硝子体疾患と呼ぶことが多いです。

  増殖糖尿病網膜症や重症の網膜剥離では網膜と硝子体が強固に癒着しており、失明の可能性がある病気です。硝子体手術が有効な疾患としては糖尿病網膜症、裂孔原性網膜剥離、黄斑円孔、網膜上膜形成症(黄斑前膜)、中心窩網膜分離症、網膜静脈閉塞症などがあります。

  近年急速に増加している滲出型加齢黄斑変性は脈絡膜から生えた新生血管と呼ばれる異常な血管が網膜に侵入する病気で、従来は光線力学的療法(PDT)という特殊なレーザーで治療していましたが、現状維持が精一杯で視力回復は夢の話でした。最近視力回復が可能な治療として、抗VEGF薬と呼ばれる特殊な薬剤を硝子体に注射する治療法がでてきました。またこの治療薬は糖尿病網膜症や網膜静脈閉塞症でおきる黄斑部(網膜の中心部)の浮腫に対して、血管からの水漏れを止める効果があることが証明され、幅広い網膜疾患で次々と認可されています。ただ現在のところ注射は長期間の継続が必要で、外来通院を続けていただく必要があります。 

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

当科では外来の待ち時間短縮のため、手術などの治療が終わった患者さんや、病状が落ち着いた患者さんには、できるだけ元のかかりつけ医に戻っていただくようにしております。その際には詳しい紹介状を作製しますし、必要があればまた当科を受診することも可能ですので、御協力よろしくお願い致します。

医療関係のみなさまへ

当科では手術などの治療が終わった患者さんは、できるだけ早くかかりつけ医に戻っていただくようにしております。それによって外来の待ち時間を短縮し、初診患者さんが受診しやすいように配慮しております。

閉じる