概要

輸血は、我が国では非常に安全性の高い治療法として確立されており、適正に行われれば非常に有効です。しかし、輸血製剤は人体の一部である血液から作られており、様々な副作用が生じる可能性があります。そこで、輸血部は、より安全な輸血が実施されるよう、業務を行っております。また、緊急性の無い手術の場合は出来る限り自分自身の血液(自己血)にて対応し、輸血を避けるようにしています。輸血以外に自己の血液製剤(フィブリン糊・末梢血幹細胞移植)を活用する手段を講じています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

輸血部長 徳永裕彦本院の特色を紹介します。

時間外にも輸血業務を実施し、輸血業務は24時間体制となっています。これにより、時間外においても速やかに安全に輸血が実施できるようになっています。また、輸血により副作用が生じた場合にはその原因を検査し、対策を講じています。

自己血輸血は手術時の出血に対して、予め貯めておいた自分の血液を輸血する方法です。他人の方の血液を輸血したときにみられる副作用が回避される最も安全な輸血方法です。専任スタッフにより自己血採血を行っています。

フィブリン糊は手術で使用される局所用接着剤であり、自己血を用いてフィブリン糊を作成しております。

一定の条件では末梢血中に造血幹細胞が出現することが解明され、この幹細胞を用いた移植(末梢血幹細胞移植)が急速に拡大しています。輸血部では、この幹細胞の採取、処理、保管を行っております。

部長 教授 徳永 裕彦

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

・輸血業務24時間体制

臨床検査部と合同で時間外にも輸血業務を実施し、輸血業務は24時間体制となっています。これにより、時間外においても速やかに安全に輸血が実施できるようになっています。また、緊急性が極めて高い場合に備えた輸血手順を取り決め、輸血が遅れることのないようにしています。

・輸血療法対策委員会

病院管理部、中央診療部、診療全科の委員が月一回集まり、輸血医療に関して集中して討議しています。ここでは輸血に関する問題や改善方法を議論し、さらに適正で安全な輸血が行えるよう検討しています。また、決定事項が周知徹底されるよう、啓蒙活動も実施しています。

・輸血医学教育

医学部生に対する講義や臨床実習を担当し、研修医、看護師を対象とした実技研修も行っています。また、輸血医療の相談窓口として、日常診療で生じる様々な輸血に関する質問や照会を受け付けています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる