理念・基本方針・受診者の権利と責務

理念

 慈仁心鏡の精神に則り、受診者の立場に立って、安全で良質な医療を提供します。

ページの先頭へ

閉じる

基本方針

  1. 医療人としての責任と使命を自覚し、受診者の立場に立った思いやりのある医療を提供します。
  2. 安全な医療を提供するために、細心の注意をはらいます。
  3. 最新の医学を取り入れ、科学的根拠に基づく適切な医療を行うために、最大限の努力を行います。
  4. 予防医療に重点をおいた診療を行います。
  5. 予防医療の恩恵を多くの人々にもたらすために、社会に対して広く啓蒙活動を行ってゆきます。
  6. 予防医療に関する臨床研究を行い、その成果を積極的に発表します。
  7. 大学の附属病院はもとより、地域医療を担う医療機関とも広く連携し、病気の予防から高度先進医療まで一貫した医療を提供できる体制を目指します。
  8. 医学生や研修医の教育研修に積極的に協力します。

ページの先頭へ

閉じる

受診者の権利と責務

受診者の権利

 


  1. 人格が尊重され、受診者の立場に立った思いやりのある医療を受ける権利を有します。
  2. 安全に配慮した医療を受ける権利を有します。
  3. プライバシーが尊重される権利を有します。
  4. 医師・医療者から充分な説明を受け、自分の選択に基づく医療を受ける権利を有します。
  5. 診療録の記録を閲覧する権利を持ち、他の医療機関の医師の意見を聞く権利を有します。
  6. 医療費の明細の報告を受けるとともに、医療費と福祉の公的援助に関する情報を受ける権利を有します。


受診者の責務


  1. ご自身の健康に関する情報をできる限り正確にお話しください。
  2. 医療に関する説明を受けてもよく理解できない時は、納得できるまでお聞きください。
  3. 当クリニックのルールとマナーを守り、他の患者のご迷惑にならないようご配慮ください。
  4. 当クリニックは、医育機関としての使命を担っており、研修医や医学生等が指導者のもとに研修を行っております。
    ご理解とご協力をお願いいたします。

ページの先頭へ

閉じる