疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

大腸ポリープ

診療科

症状の解説

大腸ポリープ自体はほとんど症状をきたさないので、腹痛・便通異常・血便などの症状のために大腸検査を受けた際に、偶然発見されることがほとんどです。しかし、まれにポリープが大きくなって腹痛、便通異常、血便が起こることもあります。

主な原因

胃や大腸などの消化管の中に飛び出した形の隆起をポリープと呼び、大腸に最も多く発生します。大腸ポリープは徐々に大きくなりがんになる可能性のある腫瘍性ポリープ(腺腫)と非腫瘍性ポリープに分けられます。腫瘍性ポリープの原因として遺伝子の異常が考えられています。

必要な検査

便に含まれる微量の血液を調べる便潜血検査は大腸がんの検診として広く行われています。便潜血検査が陽性の場合にバリウムを用いた大腸のX線透視検査や内視鏡検査(大腸内視鏡検査)を行うとポリープが高率に発見されます。

治療法

ほとんどのポリープが内視鏡的に治療可能です。茎やくびれのあるポリープではスネアと呼ばれる金属ワイヤでポリープを縛り電気を流して切除を行います。茎のない平坦なポリープでは切除時に腸管に穴が開くのを避けるために、ポリープの根元に薬液を注入してポリープを盛り上げて切除を行います。ポリープが大きく内視鏡的治療が困難な場合は外科的に手術による切除を行います。

閉じる