疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

声門上部がん

診療科

症状の解説

喉頭(こうとう)がんの一種ですが、早い時期は声のかれはあまり前面にでません。声がれ以外では、痰に血が混じる、咳がでるなどの症状がでます。痛みのない首のはれやしこりがみられることもあります。腫瘍が大きくなると息苦しさや呼吸困難がでてきます。

主な原因

喫煙などの生活習慣に関係があると言われています。

必要な検査

喉頭ファイバー(細い内視鏡)にて腫瘍があれば、組織をとって顕微鏡にて確認します。CTやMRI、PET検査にて腫瘍の広がりを確認します。

治療法

早期の場合は放射線を中心とした治療がすすめられます。ある程度すすんだ病状の場合は、喉頭摘出などの手術の対象となります。発声機能の温存を重視するならば、放射線治療と抗がん剤を組み合わせた治療が選択される場合もあります。

閉じる