周産期遺伝外来とは

周産期遺伝外来とは

外来の目的

検査には染色体異常の診断やリスクを判定するもの(遺伝学的検査)と胎児の構造の異常を診断する形態学的検査(超音波検査)があります。

遺伝学的検査は一般に妊婦健診として行う検査ではなく、特別な理由や強い希望により受けることができる検査です。したがって遺伝学的検査を受ける前には、検査の種類やその方法、合併症、検査でわかることとわからないこと、わかる疾患についての理解、検査をうけることの意味について十分考えていただくことが重要です。さらに検査結果については十分理解してその後の対応を一緒に考えることが必要です。

遺伝カウンセリングを行います

周産期遺伝外来は、出生前遺伝学的検査の遺伝カウンセリングを行い、遺伝の病気を持つお母さんの悩みを相談する専門外来です。出生前検査そのものを受ける ための外来ではありません。出生前遺伝学的検査の遺伝カウンセリングでは、胎児の心配事に対してどのように対応するのがご夫婦にとって最良と思われるか、 検査によって出た結果に対してどのように向き合うのがよいかを一緒に考えます。

当院で行っている検査方法にはいくつか種類があり、検査でわかることや、検査を受ける時期などは検査の種類によって様々です。当院で分娩予定の妊婦さんでない他院に通院中の方は、他院からの紹介に基づいて予約を受け付けています。

遺伝カウンセリングを受けた後に検査を受けるかどうかはご夫婦の意思によるものであり、基本的にはご夫婦でのご受診を推奨しております。検査を受けるには ご夫婦の同意が必要なため、同意書にはお二人の署名をしていただきます。同意書は、周産期遺伝外来の受診当日にお渡しします。

検査を行う日に関しては、別途検査日を予約いたします。
 

閉じる

ページの先頭へ