眼科

当科の特徴としては、切開創を超極小切開化することなどにより、全ての疾患に対して日帰りまたは短期入院での治療を可能にしている点が挙げられます。入院形式も、1泊2日から8泊9日など、あらゆる日数に対応し、多岐に渡る患者さんのニーズに応えるよう努力しています。最も患者さんが多い両眼の白内障手術に関しては、最短3泊4日での治療が可能であり、早い社会復帰を支援しています。

診療部長 垰本 慎 (准教授)

専門分野:
網膜硝子体疾患
角膜疾患
白内障
資格:
日本眼科学会専門医
閉じる

ページの先頭へ