平成30年度 関西医科大学香里病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 426 78 111 125 356 481 774 1519 944 164
平成30年4月~平成31年3月に当院を退院した患者さんを10歳刻みで集計しています。
当院は、地域とともに歩む病院として幅広い年齢層の患者さんにご利用いただいております。
当院の退院患者を年齢階層別に見ますと、60歳以上の患者割合が約68.3%を占めています。
急性期医療を提供でき、夕方診療も開設している病院であり、60歳以上の患者さんの割合が高い傾向にあります。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xx0x 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 定義副傷病名なし 149 2.62 2.67 0.00 68.85
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 49 11.73 10.08 8.16 74.57
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 45 21.20 12.05 4.44 77.78
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 44 23.68 17.66 0.00 77.07
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病名なし 37 10.89 16.17 0.00 69.54
内科では大腸ポリープに対して内視鏡的切除術を多く行っています。次いで胆管結石、末期腎不全、心不全、悪性リンパ腫を多く取り扱っています。消化器、循環器、腎臓、内分泌代謝、血液、呼吸器疾患等幅広く対応しています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 100 6.62 6.14 0.00 1.44
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病名なし 62 6.89 5.71 0.00 2.37
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病名なし 40 6.43 6.19 2.50 1.83
030270xxxxxxxx 上気道炎 30 5.03 4.96 0.00 2.93
180030xxxxxxxx その他の感染症(真菌を除く。) 26 6.58 12.36 0.00 2.69
小児科ではインフルエンザ・肺炎・急性気管支炎等の乳幼児における呼吸器関連の症例が多くなっています。
小児科全症例418件の内、約58%を占めています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 3あり 定義副傷病名なし 66 5.68 6.70 0.00 67.62
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 61 3.77 4.96 0.00 67.82
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 27 7.81 6.52 0.00 67.11
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病名なし 23 6.57 4.33 0.00 63.87
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 定義副傷病名なし 22 5.95 4.41 0.00 72.45
外科では胃癌、大腸・直腸癌に対する抗癌剤治療と胆石症に対する腹腔鏡下の手術や鼠径ヘルニアの手術症例が多くを占めています。消化管外科全症例587件の内、上部消化管(食道・胃)の悪性腫瘍症例が約29%、下部消化管(大腸・直腸)の悪性腫瘍症例が約36%、胆嚢手術の症例が約8%を占めています。
乳腺外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx01x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴うもの(内視鏡下によるものを含む。))等 手術・処置等2なし 39 7.67 10.59 0.00 64.36
090010xx02x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2なし 26 6.50 6.23 0.00 64.85
090010xx99x4xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 19 6.32 4.28 0.00 56.16
090010xx99x6xx 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 6あり 19 4.47 4.15 0.00 66.26
090020xx97xxxx 乳房の良性腫瘍 手術あり 13 3.69 4.02 0.00 40.62
乳腺外科では乳癌の症例の内約61%の症例で手術を実施しており、約34%の症例が抗癌剤治療を実施しています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 37 10.43 4.83 0.00 69.97
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 31 34.13 24.26 12.90 73.97
160760xx97xxxx 前腕の骨折 手術あり 31 7.10 5.68 0.00 54.35
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病名なし 28 25.96 19.61 14.29 81.64
070470xx02x0xx 関節リウマチ 筋肉内異物摘出術等 手術・処置等2 なし 21 36.76 19.68 0.00 70.52
整形外科では、手根管・肘部管症候群等の上肢の神経障害に対する手術や膝関節症に対する人工関節の置換術、前腕の骨折、胸腰椎の損傷や関節リウマチの症例が上位を占めています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 12 7.33 8.98 0.00 68.92
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1 なし 12.51
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2 なし 8.16
080250xx99x0xx 褥瘡潰瘍 手術なし 手術・処置等2 なし 24.71
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2 あり 48.53
皮膚科では、帯状疱疹に対する症例が上位となっています。
次いで、膿皮症、皮膚癌、褥瘡潰瘍、糖尿病による足趾の壊疽の症例が多くなっています。
腎泌尿器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991x0x 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病名 なし 121 1.99 2.53 0.00 70.61
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 76 7.33 7.20 0.00 76.49
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1 なし 定義副傷病名 なし 42 6.10 5.62 2.38 65.60
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術等 37 9.00 8.65 0.00 74.81
110080xx9905xx 前立腺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 5あり 16 12.69 10.50 0.00 78.56
腎泌尿器外科では、前立腺癌の組織検査(前立腺針生検)を行う症例が多く、次いで膀胱癌や尿路結石、前立腺肥大症に対する経尿道的手術や前立腺癌に対する抗癌剤治療の症例が上位となっています。
腎泌尿器外科全症例443件の内、前立腺癌が約34%、膀胱癌が約20%を占めています。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020110xx97xxx1 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度等 両眼 406 3.88 5.39 0.00 75.56
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり 重症度等 片眼 358 2.23 2.84 0.00 73.45
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 重症度等 片眼 35 9.00 9.75 0.00 63.26
020180xx97x0x0 糖尿病性増殖性網膜症 手術あり 手術・処置等2 なし重症度等 片眼 19 5.47 7.52 0.00 58.84
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 重症度等 片眼 17 6.48 8.00 0.00 75.29
眼科では全症例のうち約86%が白内障の手術を行っている症例となっています。その他には、網膜剥離や糖尿病性網膜症、緑内障の手術症例が多くを占めています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 72 5.86 7.04 0.00 54.49
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 59 8.41 7.89 0.00 26.12
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 34 5.41 5.43 0.00 42.06
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 30 8.40 9.26 0.00 51.63
030428xxxxxxxx 突発性難聴 23 9.00 9.02 0.00 60.30
耳鼻咽喉科では、慢性副鼻腔炎、扁桃炎(慢性・急性)、扁桃周囲膿瘍に対する手術症例が上位となっています。
次いで、顔面神経麻痺や突発性難聴の症例が多くを占めています。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx02x0xx 子宮頸・体部の悪性腫瘍 子宮頸部(腟部)切除術等 手術・処置等2 なし 45 3.00 3.20 0.00 42.09
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 42 8.12 6.16 0.00 47.95
120220xx01xxxx 女性性器のポリープ 子宮全摘術等 40 1.95 2.96 0.00 48.55
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 37 6.46 6.28 0.00 50.49
120220xx02xxxx 女性性器のポリープ 子宮内膜掻爬術 33 1.55 2.26 0.00 49.12
婦人科では子宮癌の手術症例や腹腔鏡下による子宮筋腫・卵巣のう腫に対する手術症例、子宮内膜ポリープに対する手術症例が上位を占めいています。
婦人科全症例の内、子宮癌、子宮筋腫、卵巣のう腫、子宮内膜ポリープの症例が約78%となっています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 29 26 17 88 43 7,8
大腸癌 24 26 59 71 38 7,8
乳癌 46 45 14 7,8
肺癌
肝癌
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
胃癌は患者さんの状態に合わせて、最良の治療を提供しています。早期胃癌(StageⅠ)の患者さんに対しては、胃の機能を温存した腹腔鏡手術などの体にやさしい手術を行っています。進行胃癌(StageⅡ-Ⅳ)の患者さんには、通常の手術だけでなく、抗癌剤を併用した根治性の高い治療も行っています。手術方法の選択は、日本胃癌学会の胃癌治療ガイドラインに沿って決めております。
大腸癌は本邦において罹患率1位、死亡率2位(2015年がん統計予測)と非常に頻度の高い疾患といえます。治療の基本方針はStageⅠからⅡの患者さんには手術を行い、StageⅢの患者さんに対しては基本的に手術を行い、手術後に再発を予防する抗癌剤の治療をお勧めしています。また、大腸癌は遠隔転移を有していても切除による根治が得られれば良好な治療成績が得られるため、化学療法を行いながら常に手術での切除の可能性を考慮し、可能であれば手術での根治を目指します。
乳癌は、女性の癌罹患の1位を占め、12人に1人の女性がかかります。早期発見により、ほとんどの患者さんが治癒します。治療は、手術・ホルモン治療・化学療法などを行います。当院では、常に化学的根拠に基づいた治療を実践し、乳癌看護認定看護師とともに、患者さん・ご家族に寄り添った安全で安心な乳癌診療を提供いたします。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 36 11.03 58.69
中等症 15 19.00 82.20
重症 77 22.12 83.43
超重症 11 36.91 80.73
不明
肺炎は、高齢になるほど罹患者数が多くなります。また、入院管理となる市中肺炎症例は、高齢で通院治療が困難な方が中心となります。このため、中等症以上の方では、不顕性誤嚥による肺炎が遷延する方がいることも理由の一つと考えられます。3週間以上の入院管理を要する方も多いことが示されています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 16 41.25 79.44 25.00
その他
平成30年度当院では、殆どの症例が脳梗塞(I63$)で発症日から3日以内となっています。発症後、早期診断早期治療に努めています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 長径2センチメートル未満 153 0.93 1.19 0.00 69.28
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 34 3.79 7.27 2.94 78.11
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 早期悪性腫瘍粘膜下層剥離術 30 1.20 8.10 0.00 73.43
K722 小腸結腸内視鏡的止血術 29 1.44 8.75 3.45 73.93
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 26 0.30 3.71 0.00 64.15
内科で最も手術症例が多いのは、内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術です。内視鏡切除の際に当院では原則入院にて対応しています。高齢者などは前日に入院していただき、十分な前処置にて安全な手術を心がけています。
次いで多いのが内視鏡的胆道ステント留置術、早期胃癌に対する内視鏡的粘膜切除術、大腸の内視鏡的止血術となっています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 54 0.31 2.00 0.00 67.07
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 40 1.72 4.36 0.00 65.28
K6113 抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 25 2.55 9.53 4.00 73.64
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 19 5.71 9.25 0.00 70.84
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術(低位前方切除術) 18 3.81 11.13 0.00 65.78
外科では、鼠径ヘルニア、胆石症に対する腹腔鏡下の胆嚢摘出術、大腸および直腸癌の手術が上位を占めています。その他にも胃癌の手術や抗癌剤治療のためのカテーテルの植込術も多く行っています。
開腹による手術よりも侵襲の少ない腹腔鏡下の手術を多く手がけています。
乳腺外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部廓清を伴わないもの) 26 0.86 4.30 0.00 64.85
K4763 乳腺悪性腫瘍手術 乳房切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 26 1.00 5.45 0.00 66.88
K4741 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル未満
K4742 乳腺腫瘍摘出術 長径5センチメートル以上
K4764 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部廓清を伴うもの)
乳腺外科では、乳癌に対する手術を全症例のうち約77%実施しています。乳癌の手術は、経過がよければ1週間以内に退院することが可能です。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 51 2.61 20.00 9.80 72.22
K0802 関節形成手術 胸鎖、肘、手、足 22 1.05 11.00 4.55 68.68
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術 前腕、下腿 21 1.15 3.80 0.00 56.81
K093 手根管開放手術 20 0.10 1.29 0.00 68.85
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術 肩、股、膝 18 1.19 12.70 0.00 61.78
整形外科では、膝関節に対する人工関節の置換術を多く実施しています。また関節リウマチや上肢の神経障害、前腕骨折に対する手術を多く行っています。
腎泌尿器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術・電解質溶液利用) 77 1.25 4.93 0.00 76.40
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザーによるもの) 41 1.41 3.53 2.44 65.71
K841-5 経尿道的前立腺核出術 34 1.34 6.28 0.00 74.71
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 24 2.08 3.78 8.33 71.63
K7981 膀胱結石、異物摘出術(経尿道的手術)
腎泌尿器外科では、膀胱癌と尿路結石、前立腺肥大症に対する経尿道的手術が多くを占めています。また内視鏡手術を広く応用して侵襲の少ない患者さんにやさしい手術を多く行っています。
尿路結石に対する経尿道的手術は、短期間に結石治療を完遂できるのが特長です。
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 844 0.94 1.38 0.00 74.29
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 69 0.75 4.64 0.00 66.00
K2682 緑内障手術 流出路再建術 21 1.05 3.67 0.00 75.95
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 16 1.56 5.71 0.00 65.13
K2821イ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 縫着レンズを挿入するもの 11 0.82 1.63 0.00 72.36
眼科では、白内障に対する眼内レンズや多焦点眼内レンズを用いた手術を大変多く行っています。また、網膜剥離、緑内障に対する手術も行っています。白内障の手術はこれらの手術と併せて行われることも多くあります。
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 72 1.97 6.70 0.00 27.82
K340-6 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅳ型(汎副鼻腔手術) 42 0.98 3.54 0.00 55.43
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術Ⅲ型(選択的(複数)副鼻腔手術) 24 1.00 3.20 0.00 55.58
K344 経鼻腔的翼突管神経切除術 18 1.00 2.94 0.00 44.28
K370 アデノイド切除術
耳鼻咽喉科では、扁桃腺の手術や副鼻腔炎に対する手術を多く行っています。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 55 1.25 4.43 0.00 49.25
K861 子宮内膜掻爬術 54 0.00 0.61 0.00 50.30
K872-2 腹腔鏡下子宮筋腫摘出(核出)術 54 1.00 6.95 0.00 48.11
K867 子宮頸部(腟部)切除術 47 0.00 2.00 0.00 42.98
K872-3 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切出術、子宮内膜ポリープ切除術 43 0.02 0.95 0.00 49.77
婦人科では、卵巣のう腫に対する腹腔鏡による手術を多く行っています。また、子宮筋腫や子宮内膜ポリープに対する手術も多く行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる 12 0.24
180040 手術・処置等の合併症 同一
異なる
医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロになりえないものの少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、その他の真菌感染症、手術・処置等の合併症について患者数と発生率を示しています。
「その他の真菌感染症」の入院契機病名が異なる病名は、細菌性腸炎・肺炎、急性腎盂腎炎・糸球体腎炎、悪性腫瘍などです。
当院の発生率は1%以下であることから、治療後の合併症に医療資源を最も投入する確率は低い傾向にあると考えます。

更新履歴
R1.9.6