疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

ばね指

診療科

症状の解説

指を曲げる腱(屈筋腱)の腱鞘炎です。 指を曲げたり伸ばしたりする動作がスムースでなくなり、時に引っかかり(ばね現象)が発生します。痛みを伴うことも多いです。進行すると反対の手で介助しないと指の曲げ伸ばしが難しくなる場合もあります。 複数の指に見られることも両側に見られることもあります。

主な原因

なんらかの原因で指を曲げる腱(屈筋腱)の通り道(腱鞘)が狭くなり指を曲げる腱の滑りが悪くなった為におこります。中年女性に多く発生します。手指の使いすぎが一番多い原因ですが、糖尿病・関節リウマチが基礎疾患にある場合や妊娠中〜お産の後にもなりやすいと言われています。

必要な検査

整形外科医師や手の外科専門医の診察(主に触診)が重要です。糖尿病やリウマチ関連の基礎疾患の有無を採血で確認する場合もあります。他の疾患の鑑別のため手の単純X写真を取る場合もあります。

治療法

軽症例では手の使用を控え、手指への負担を減らすようにして、外用薬(軟膏や湿布)や消炎鎮痛剤で経過を見ます。中等度の症例に対しては腱鞘内へステロイドホルモン注射します。注射で効果が無い症例や高度の症例には狭くなった腱鞘を切開する手術を行います。局所麻酔にて短時間で可能な手術です。外来通院手術で行えます。

閉じる