疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

変形性股関節症

診療科

症状の解説

動作時、股関節から大腿部、膝関節にかけての疼痛が生じます。初期には安静にて疼痛は軽くなりますが、股関節症が進行すると、持続的な疼痛、股関節の動きも制限されます。 夜間痛や跛行も生じたりします。

主な原因

主な原因として、先天性股関節脱臼、亜脱臼による股関節変形に伴って生じる場合が多くなります。その他、大腿骨頭壊死や幼少期の股関節疾患に起因して生じたりします。

必要な検査

単純レントゲンで診断します。MRIやCTで補助的に骨形態、病変を評価する場合もあります。

治療法

外来では消炎鎮痛処置(薬剤や物理療法)を行います。手術治療は股関節症の進行度合いや年齢などから総合的に判断して決定します。一般的には関節症変化が軽い場合には、骨盤や大腿骨の骨切り術を行い、関節症が進行、関節破壊が生じた場合には人工関節置換術を行います。両側がお悪い方の両側の同日手術も行っています。

閉じる