疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

臼蓋形成不全(成人)

診療科

症状の解説

主に運動負荷時の股関節の違和感、疲労感、疼痛で、安静により症状は軽減します。 関節の動きもほとんど正常ですが、関節症の出現とともに疼痛も持続的で強くなったりすることもあります。

主な原因

乳幼児期に股関節亜脱臼や脱臼が存在し、それらが放置された場合に成長とともに股関節の発育不全が生じます。主に臼蓋縁の発達が不良で大腿骨頭が不安定となり、疼痛を誘発します。

必要な検査

股関節単純X線で診断します。MRIやCTで補助的に骨形態を評価する場合もあります。

治療法

形成不全が軽い場合には、消炎鎮痛処置を行ったり、股関節周囲の筋力増強訓練などで様子をみますが、明らかに臼蓋の形成が不良な場合には、骨盤側の骨切り術や臼蓋形成術を行い、大腿骨頭の被覆をよくします。

閉じる