疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

翼状片

診療科

症状の解説

成人の角膜(くろめ)と結膜(しろめ)の境界部から充血と肥厚を伴った組織が発生し、ゆっくりと角膜側へ大きくなっていきます。成長の途中では充血と肥厚が強いのですが、成長が止まると充血も弱くなり、薄くなります。大きく成長して角膜の中央部付近にさしかかると強い乱視をおこし、視力が低下することもあります。

主な原因

はっきりとした原因は不明ですが、太陽光中の紫外線が最も重要な環境因子といわれており、屋外労働者に多いといわれています。

必要な検査

細隙灯顕微鏡検査。

治療法

翼状片が小さいうちは整容上(見た目)の問題以外は手術の適応にはなりませんが、充血、刺激症状を伴うときは角膜保護剤、非ステロイド性消炎剤、ステロイド剤を点眼します。 手術は整容上の問題で希望のある場合と、翼状片が大きく成長して進行性の場合に適応となります。 手術後再発することもよくあります。

閉じる