糖尿病外来について

糖尿病の患者さんは網膜症・腎症・神経障害などに加え、命に関わる心筋梗塞や脳梗塞などが合併している場合が多く、予防するために糖尿病のコントロールが必要不可欠です。

当院では火・木曜日、第1土曜日の午前診と、火・水・木・金曜日の夕診に糖尿病外来を行っており、診察のほかに管理養士による栄養指導を行っています。医師と糖尿病療養指導士が連携し、患者さんに応じた治療を行っています.
また、診察室と栄養指導室が隣接していますので、検査結果が出そろうまでの時間や診察終了後すぐに栄養指導が受けられます。

このように、皆様のお時間を有効に活用できるように心掛けていきます。食事内容や運動量など個々の生活習慣を把握して、現実的かつ効果的な食事療法を個別に提案し、患者さんにとって無理なく実施できるようサポートを行っております。
 

看護師:大阪糖尿病療養指導士
管理栄養士:日本糖尿病療養指導士
が在籍しています。
 
閉じる

ページの先頭へ