概要

検査科は、患者さんから採取された検査材料(血液、尿、便、喀痰など)について検査を行う検体検査と心電図など患者さんに直接触れて行う生理機能検査の2つの部門からなります。
これらの検査結果を、正確に診療の場に報告し、診断や治療方針又は治療経過の判断に用いられています。

 

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

検査は医師の指示のもと行いますが、国家資格を有した臨床検査技師が担当し夜間や休日におきましても24時間体制で検査を行っています。
また、外来診察前検査では迅速に検査結果を報告することで、検査結果をみて診察できるように体制を整えており、患者さんには安心して検査を受けられるように、日々努めております。

組織図
閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

検査科では、迅速かつ正確に結果を報告する事を基本とし、電子カルテシステムに連携できる検体検査システムを導入し運用しています。
また、正しい検査結果をだせるように、毎日、精度管理用物質を測定し、指定範囲内の値を得ているか確認しています。さらに、大阪府医師会や各メーカーが主催する外部精度管理に参加し、測定値の正確性を検証し施設間の格差の是正にも努めています。
毎年、良好な成績を得て大阪府医師会からは、優秀臨床検査室として認定を受けています。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる