わたしの看護師1年目

MY NURSE FIRST YEAR
トップ > わたしの看護師1年目

香里病院 5F病棟
(消化器外科、腎泌尿器外科)

地域密着型の看護師として
患者さんを支えていきたいです。

この病棟に入院されている患者さんは同じ地域にお住いの方が多く、地域に根ざしたアットホームな環境だと感じます。病棟の先輩方はみなさん熱心な方ばかり。患者さんの思いを看護に反映していて、とても参考になります。

術前術後の不安な気持ちを和らげることに注力しています。

私は主に、手術や化学療法で入院される患者さんの看護を行っています。特に手術は術前術後のケアが重要。入院後に手術の流れや合併症についての説明をし、手術当日は声かけをして手術室へ送り出し、手術中はご家族の不安な気持ちに寄り添い、術後は経過観察を実施します。病名を告知されて手術に臨まれる患者さんの不安感を少しでも取り除けるよう、たくさん会話するのも私たちの大事な仕事。術後の生活に不安を抱える患者さんもたくさんいらっしゃるので、できるだけわかりやすく説明して安心していただけるよう努めています。

ここは、地域の方々に愛される市民病院のような存在です。

外科手術を行うと患者さんの病状は大きく改善します。私が外科を希望したのは、そういう変化を間近で見たかったから。また、外科の看護を学ぶことで看護全般に触れることができると感じたから。香里病院を選んだ理由は、大学病院なのに地域密着型で市民病院のような役割を果たしていて、アットホームなイメージを持っていたからです。実際に再来院・再入院される方も多く、再び病院に来られる患者さんは私たちに「またよろしくお願いします」と声をかけてくださったりして、とてもフレンドリー。地域の方々にとって身近な病院で働けるのは心地いいです。

患者さんと向き合う先輩たちの熱心な看護に魅せられて。

以前、私の担当患者さんで勤務交代後に病状が悪化してしまった方がいました。「近いうちに自宅に帰りたい」とおっしゃられていたのに、帰れなくなってしまったのです。この時、私ではなく先輩が患者さんを見ていたら細かな変化に気づけたのかな、と考えると情けなくて悔しくて。この経験から、今まで以上に知識や技術を身につけなければと強く感じました。今の目標は先輩のような頼れる看護師になること。病棟の先輩方はとても熱心で、患者さんにとことん寄り添ったヒアリングやカンファレンスなどの姿も印象的。患者さんの思いを看護に反映していく、私の理想の看護をされています。

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.