看護部長のご挨拶

Manager's message
トップ > 採用メッセージ > 看護部長のご挨拶
image
附属病院 看護部長 島村 里香
関西医科大学附属病院は、大阪府に7つある特定機能病院のひとつであり、高度先進医療を担う北河内二次医療圏の中核病院です。急性期医療を軸に質の高い医療・看護の提供に努め、地域住民の健康な暮らしを支える医療にも取り組んでいます。看護部が目指しているのは、患者さんの些細な変化にも「気づき」の眼を持った看護師を育成することです。患者さんの尊厳を守り、安全で質の高い看護を提供するためにも、チーム医療の場面で看護師一人ひとりが自分の考えを伝え、お互いの「気づき」を尊重した良好なチームワークを築くことが大切です。そのためにも、やりがいを持って働き続けられるよう育児支援やワークライフバランスの充実にも取り組んでいます。
看護部の理念
『患者さんの意思を尊重し、心のかよい合う創造的で質の高い看護を提供する』
看護部の基本方針は、Sincerity(誠実)・Mildly(優しい)・Innovation(革新)・Life-giving(生活)・Expert(専門)の頭文字を取って「SMILE」。一人ひとりが目標に向かって、いきいきと笑顔で頑張れる職場環境づくりを心がけています。
病院についてみる

image
総合医療センター看護部長 / 認定看護管理者 谷田 由紀子
 関西医科大学総合医療センターは、大阪市と北河内2次医療圏の医療センター機能を担う地域密着型病院として、質の高いリエゾン精神医療を積極的にお届けしています。当センターには、世界初の機能を有するハイブリッド手術室を整備した救命救急センターがあり、全診療科と連携しながら重症患者さんの治療を実施。合言葉でもある“大切なひとを受診させたい病院”を目指すために、看護部が目指しているのは、正しい知識と正確な技術を基盤にした、あたたかく思いやりのある人間性豊かな看護師の育成。変化する外部環境や、高度化する医療・看護に対応するための教育システムは万全です。地域の方々が、住み慣れた環境で安心して暮らし続けられるよう、生活に関わる様々な領域に精通した看護のプロになって欲しいと思います。
看護部の理念
『心に響きあう、温かい看護を提供する』
この理念を実践するため、職場はいつも笑顔でいっぱい。
そして、一人ひとりが総合医療センターの看護師であることに誇りとやり甲斐を感じながら毎日の仕事に取り組んでいます。
病院についてみる

image
香里病院看護部長 / 認定看護管理者 安本 マリ
 関西医科大学香里病院は、“寝屋川市唯一の大学病院”と“市民病院的役割”という2つの顔を持つ一般急性期病院です。地域に根ざした病院として、地域住民の方々に安心して最新の医療を受けていただけるよう、大学病院では珍しい夕方診療や選定療養費廃止などを実現させました。また、退院後の生活をサポートする訪問看護ステーションやデイケアセンターを併設。患者さんが住み慣れた環境で少しでも長く暮らせるよう支援するシステムを構築しています。看護部では、常に患者さんを中心に考え、あたたかく思いやりのある看護を提供できる、向上心にあふれた看護師の育成を目指しています。そのためにも、まずは人として人に関心を持ち、大学病院の看護師であるという自覚を持って看護に取り組んでほしいと思います。
看護部の理念
『地域に根ざした患者さん中心の温かく思いやりのある看護を提供する』
そのためにまず、それぞれの看護師がいきいきと楽しく看護に取り組める環境づくりを心がけています。
病院についてみるh

各病院サイトに移動する