中堅看護師

Midcareer nurse
中堅看護師

総合医療センター 4S 2018年入職
(小児科、消化器肝臓内科、腎臓内科、内分泌代謝内科、脳神経内科)

根拠を持った看護ができるよう
後輩とともに成長していきます。

これまで学んできたことを後輩看護師たちにわかりやすく指導して伝え、上の先輩と協力してチーム医療を届けられるよう自分にできることを探すのが中堅看護師の役割だと思っています。私が新人だった時、確認不足でいろんなミスをしてしまった経験があるので、特に新人さんには「こういう時、メモを書いて一つずつ消していくといいよ」と具体的な方法を提案したり、「悩んでいることはない?」などと声をかけたり、失敗した時は一緒に振り返ったりしています。患者さんに対して根拠を持った看護ができるよう、これからも自己学習に取り組みながら、後輩たちとともに成長していきたいです。

短期間の間に患者さんと
信頼関係を築くことが重要。

ここは急性期の病院なので、短期間で病態が変動して入退院をくり返す患者さんも多く、最初の入院の際にできるだけ多くの情報を収集して患者指導につなげていく必要があります。つまり、短時間で患者さんとの関係性を築いて、一人ひとりに合った指導法を見出していく必要があります。たとえば患者さんのベッドサイドにはその人を知るヒントがたくさん転がっていて、雑誌や私物、テレビ番組などからうまく会話につなげられる場合も。入院したばかりの方はご自身の疾患のことで頭がいっぱいなので、趣味嗜好を絡めてお話しすると心を開いてくれることが多いです。患者さんと信頼関係を築けたことで、その方に合わせたケアを提案し、退院後の生活にうまくつなげることができた時はやりがいを感じます。

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.