新人看護師

New nurse
新人看護師

附属病院 CCU 2020年入職

先輩たちのサポートと励ましで
少しずつ業務をこなせるように。

この病棟を希望したのは、学生時代の実習時に急変された患者さんの処置をテキパキとこなされていたCCUの看護師さんに憧れたから。働きはじめてから半年、まだまだ慣れない日々ですが、先輩たちに支えられてなんとか業務をこなせるようになってきました。私のシスター看護師は、とにかく会えば声をかけてくれます。年齢が近いこともあって、話しやすく相談しやすい存在です。入職してすぐの頃、時間管理の難しさや業務の大変さを痛感する中で「あなたが担当していた患者さんのご家族の方が感謝していたよ」と報告してくれたことがあって、それが今も励みになっています。また、ここではシスターだけでなく先輩看護師全員で新人をサポートする環境があるので、とても心強いです。

患者さんと深く関われる現場で
毎日多くの気づきがあります。

CCUでは緊急度の高い心疾患の患者さんを看ています。容体が安定している方でも急変する可能性があるため勤務中は気が抜けませんが、12病床に限られているため、患者さんとご家族の方とじっくりと深く関わることができます。特に今は新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響で面会制限が厳しくなってからは、家にいらっしゃるご家族の方に「ご飯は全量食べましたよ」「今日はこんな会話をしました」など患者さんの様子を事細かに報告する必要があります。急性期ではありますが、身体面だけじゃなく精神面のケアが重要であると気づかされる毎日です。今の目標は、「この人に看てもらいたい」と思ってもらえる看護師になること。この病院には認定看護師もたくさんいるので、先輩たちの指導を受けながらスキルアップしていきたいです。

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.