新人看護師

New nurse

香里病院 6F病棟 2021年入職

患者さん一人ひとりに寄り添った看護をしたくて香里病院へ。

香里病院は急性期治療後の回復期や比較的病状が安定している慢性期の患者さんが多く、「ここなら一人ひとり丁寧に、寄り添った看護ができるかも」と入職を希望しました。実際に働いてみると、日々のケアはもちろん、さまざまな観点から患者さんやご家族に対して細やかに対応していると実感。ある時、長期入院されていた患者さんのご家族から「(コロナ禍で面会できないので)写真を撮ってほしい」という依頼がありました。できるだけ元気なお姿を見ていただきたくて、立ったり座ったりした瞬間のいきいきした様子を何枚かお送りすると、「すごくいい看護師さんに対応してもらってよかった」と言っていただけて。私も微力ながらお役に立てているのかなと嬉しく感じました。

患者さんの言葉・表情・行動から予測して看護できるようになりたい。

私は現在4名の患者さんを担当していて、疾患ごとの病状観察や処置、セルフケアが困難な方のサポートを行っています。今の課題は、ナースコールが同時に鳴るなど一度に複数の患者さんを対応する時の優先順位を見極めること。状況を見ながらまずは自分で判断して、迷った時はすぐに先輩にアドバイスをもらいながら対応するようにしています。普段からメモ帳を持ち歩いているので、指導してもらったことをメモにとって休日にまとめ直し、次に同じことが起こった際には正しく対応できるよう意識しています。一つずつ経験して復習を重ねていくことで、予測して行動できるようになりたいです。私もいつか、先輩方のように患者さんの言葉だけでなく表情や行動からも気持ちを汲み取って、信頼していただける存在になれるようがんばります。

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.