新人看護師

New nurse

附属病院 CCU 2021年入職

患者さんの予後を左右する緊急性の高い現場で働きたくて。

学生時代の実習時に、先輩看護師さんから言われた「急性期の現場では、患者さんへのケアひとつが回復につながるんだよ」という言葉が心に残っていて。看護師として命に関わるような患者さんの病状にいい影響を与えられたらいいなと感じ、高度先進医療を提供している附属病院への入職を希望しました。急性期なので、他の病院にはあまりない特殊な疾患について学べると思ったのも理由のひとつです。私が所属しているCCU(冠疾患集中治療室)には救急車で搬送されてくる緊急度の高い心疾患の患者さんが多く、まだまだ気持ちが焦ることもありますが、尊敬できる先輩方にアドバイスをもらいながら日々勉強しています。

大好きなコミュニケーションで患者さんを尊重したケアを。

私が看護を行う上で大切にしているのは、患者さんを尊重することです。たとえば歯磨きのタイミングがいつもと違うだけで不快に感じる方もいるので、患者さんの個性や生活スタイル、好きなもの、嫌いなものなどを会話の中でさりげなく引き出すようにしています。私は人と話すのが大好きなので、患者さんとの会話はすごく楽しいですね。ご家族には「今日は歩行器でこんなに歩けましたよ」「お昼はこれだけ食べましたよ」など、患者さんの様子が分かる具体的な報告を心がけています。今の目標は、知識や看護技術の向上です。不安を抱えて入院される患者さんに対して曖昧な説明をすると余計に不安にさせてしまうと思うので、どんなことを質問されても正しく分かりやすく答えられるよう、看護師としてもっともっとスキルアップしたいです。

各病院サイトに移動する

Copyright © Kansai Medical University. All rights reserved.