乳腺外科

当院の乳がん診療のモットーは「患者様の立場に立った医療の提供」です。早期乳がんはより小さく治し、進行乳がんであっても患者様が希望されれば、あきらめない医療の提供を目指します。また、化学療法が必要な場合には、頭皮の脱毛などの副作用を出来るだけ抑える方法も提案しています。


乳がんは早期発見であればあるほど、根治率は高くなります。よって、出来るだけ乳がんの早期発見に努めています。早期乳がんでは、乳房温存術や腋窩リンパ節郭清の省略を目指します。乳房全切除術が必要であっても、形成外科と連携し、乳房再建術など整容性を追及しています。


進行がん(切除不能・転移・再発乳がん)であっても、患者様が希望されれば、出来得る限り根治を目指します。

岸本 昌浩 (診療科長・教授)

専門分野:
乳腺
資格:
医学博士
日本乳癌学会指導医・専門医・認定医
日本外科学会専門医・認定医
検診マンモグラフィ読影認定医(評価AS)
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
近畿外科学会評議員
閉じる

ページの先頭へ