血管外科

当科では腹部大動脈以下の動静脈疾患を扱っていますが、特に下肢閉塞性動脈硬化症・重症虚血肢症例への血行再建に力をいれています。足先の難治性潰瘍、壊死症例で、他の治療では効果のない例であっても足関節部やそれ以遠へのバイパス術で足を助けることが可能です。手術は麻酔科との連携で安全に施行できており重症例でも手術死亡はほとんどありません。また軽症例では、薬物・運動療法、血管内治療などを交えて低侵襲で患者本位の治療を行うようにしています。閉塞性動脈硬化症は足は軽症でも全身に動脈硬化症が進んでいることが多く、このような症例には全身のスクリーニング検査を積極的にお勧めし、他領域病変やリスク因子の発見を行っています。足から全身の動脈硬化性血管病を診断・治療する「トータルフットケア」を目指しています。他科との連携も密にとっています。

診療部長 駒井 宏好 (教授)

専門分野:
閉塞性動脈硬化症(下腿動脈バイパス)、フットケア
資格:
外科認定医、専門医、指導医、心臓血管外科専門医、修練指導者、脈管専門医、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医、外国医師等が行う臨床修練に係る医師法に基づく臨床修練指導医
閉じる

ページの先頭へ