肝胆膵外科

肝胆膵外科は肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓領域の疾患を対象にする診療部門です。肝胆膵脾領域の悪性疾患を中心に良性疾患の治療も行っています。当院は大阪府肝疾患拠点病院に指定されており、肝臓疾患が非常に多いことが特徴で多くの大学附属病院と同等の肝細胞癌切除症例数があります。また、胆膵領域の悪性腫瘍でも数多くの症例を治療しており、高難度肝胆膵手術を数多く手掛けています「肝胆膵外科疾患の手術は関西医科大学総合医療センター肝胆膵外科へ行けば何とかしてくれる」そういう診療科です。

診療科長 北出 浩章 (教授)

専門分野:
肝胆膵外科
一般消化器外科
内視鏡外科
外科代謝栄養
資格:
日本肝胆膵外科学会高度技能指導医
日本外科学会指導医/専門医 
日本消化器外科学会指導医/
専門医
消化器がん外科治療認定医
日本静脈経腸栄養学会認定医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
身体障害者福祉法指定医(ぼうこう・直腸機能障害、小腸機能障害、肝機能障害)
閉じる

ページの先頭へ