整形外科

当整形外科の特徴は慢性疾患の治療を主に行っていることであり、疾患別には関節、脊椎、上肢となります。関節は変形性関節症に対する人工関節置換術が多く、特に膝関節より股関節例のほうが多く高度な変形症例にも対応します。人工関節のみならず関節を温存した手術も行っています。脊椎は頚椎症性脊髄症に対する椎弓形成術、腰部脊柱管狭窄症、側弯症に対する前方後方同時固定術、後側方固定術等を低侵襲で行っています。上肢は手指を中心に手根管症候群、関節症、腱断裂、麻痺手、関節リウマチ手等の手術を行っています。人工関節センター、脊椎神経センター、手外科センターを併設しており各長は相当の経験を積んだベテランぞろいです。

診療部長 徳永 裕彦 (教授)

専門分野:
股関節外科
資格:
日本整形外科学会認定専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本人工関節学会認定医
閉じる

ページの先頭へ