疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

大腸がん

診療科

症状の解説

早期の状態ではほとんど症状はありませんが、進行すると血便、便が細くなる、腹痛、便秘と下痢を繰り返すなどの症状が現れます。時に転移部位(肺や肝臓への転移)が先に発見されることがあります。腸の内腔が、がんにより狭くなると、嘔吐や便・おならが出なくなる腸閉塞症状で発見されることもあります。

主な原因

腫瘍性(腺腫性)ポリープが大きくなって大腸がんが発生する場合と、ポリープが出来ずに直接がんが発生する場合があります。完全なる原因解明はまだなされていませんが、食生活の欧米化(高脂肪、高タンパク、低食物繊維の食事)の関連があることは知られています。また科学的根拠は十分ではありませんが、喫煙、飲酒、肥満がリスクを上昇させる可能性も指摘されています。

必要な検査

大腸がんの検診として便に含まれる微量の血液を調べる便潜血検査が広く行われています。便潜血検査が陽性や腹部症状がある場合にバリウムを用いた大腸のX線透視検査や内視鏡検査(大腸内視鏡検査)を行います。がんの確定診断に大腸粘膜の一部を採取(生検)して調べることもあります。

治療法

早期の大腸がんでは内視鏡的に切除が可能な場合があります。まずは健康診断や人間ドッグを定期的に受診し、早期発見できれば治る確率はかなり高いと言えます。早期大腸がんでは手術を行わず、内視鏡的粘膜切除術を行うこともあります。しかしある程度進行してしまうと、外科手術を行います。附属病院では腹腔鏡と呼ばれる内視鏡を用いた低侵襲手術を積極的に導入しています。

閉じる