疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

母斑・血管腫(アザ)

診療科

症状の解説

生まれたとき、あるいは生まれてしばらく経ってから、全身のいずれかに、赤いアザ、青いアザ、茶色いアザ、黒いアザが見られることがあります。通常、一生変わらないことが多いですが、隆起してきたり、色が濃くなることもあります。 最近レーザー治療の発達により、アザの色を消したり、またはうすくすることが可能になりました。

主な原因

生まれつきの皮膚の成り立ちの異常ですが、腫瘍や悪性腫瘍であることもあります。
・赤いアザ:いろいろな血管腫(単純性血管腫、イチゴ状血管腫など)
・青いアザ:太田母斑、異所性蒙古斑など
・茶色のアザ:扁平母斑、ベッカー母斑、カフェオレ斑など
・黒いアザ:色素性母斑、黒子(ホクロ)など

必要な検査

診察、視診、ダーマスコープ、時に組織検査、試験照射を行います。

治療法

・パルス波色素レーザー:単純性血管腫、イチゴ状血管腫など
・Qスイッチルビーレーザー:太田母斑、老人性色素斑、外傷性刺青、シミなど
・炭酸ガスレーザー:隆起性のアザ、皮膚隆起性病変など
・脱毛レーザー:毛母母斑や多毛症など
レーザーで難治である場合や腫瘍や悪性腫瘍である場合には、切除して植皮や皮弁移植術を行います。

閉じる