疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

乳房外パジェット病

診療科

症状の解説

高齢者の外陰部、肛囲に発症する皮膚がんです。軽度の赤みや色素異常が現れ、しだいに拡大します。さらに進行すると隆起し、腫瘤状になり、女性では開脚しづらいほどになることがあります。進行すると悪性度の強い皮膚がんですので、リンパ節や内臓に転移します。最初は湿疹や‘たむし‘と間違われることがあり、また、診察を受けにくい部位に生じまるため、かなり進行した状態で受診されることもまれではありません。

主な原因

原因は不明です。

必要な検査

皮膚生検を行い悪性の細胞を調べます。転移がないか確認するためにCT、シンチグラフィーなどの全身の画像検査を行います。また、リンパ節転移に関してはセンチネルリンパ節生検も実施します。

治療法

外科的に切除します。進行例では化学療法を追加します。

閉じる