疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

皮脂欠乏性皮膚炎

診療科

症状の解説

皮膚は乾燥し、細かいひび割れができたりふけのようなもの(鱗屑)が皮膚に付着します。炎症が生じると部分的に赤みが現れ、痒みを伴います。冬場、高齢者によくみられます。好発する部位は下肢の伸側と上背部です。

主な原因

角層の水分量が低下して皮膚が乾燥し、痒みの知覚神経が皮膚の表面に上がってきて、外的刺激に対して過敏となります。季節、年齢、乾燥した環境などが主な原因となっています。

必要な検査

炎症の程度を調べるために皮膚生検を行うことがあります。また、アトピー性皮膚炎が合併していることがあるため、血液検査にて血清IgE値や血清TARC値を調べます。

治療法

皮膚の乾燥を助長しないように日常生活の工夫が必要です。保湿効果の高い外用薬を塗布します。痒みや赤みがある場合には、数日間ステロイドを外用するとよくなります。痒みが強い場合には抗ヒスタミン薬を内服します。

閉じる