疾患から診療科を探す(当院で診療可能な疾患か否かは、事前にお問合せ下さい)

接触皮膚炎

診療科

症状の解説

原因となった物質の接触部位に発疹(丘疹、紅斑、水疱など)が現れます。

主な原因

化粧品、石鹸、シャンプー、衣料品、植物、金属アクセサリーなど、日常用いる物だけでなく、点眼剤や湿布薬、外用薬などが原因になることがあります。

必要な検査

原因と思われる物質を用いて、パッチテストを行います。 背中に原因と思われる物質やその中に含まれている成分などを貼り付け、48時間後、72時間後に貼った皮膚に変化が起こっていないかをみる検査です。

治療法

原因物質を使用しないようにすることが最も肝心です。 ステロイド外用薬が治療の基本ですが、重症の場合にはステロイドの内服薬が必要な時もあります。当科では実際に使われる物だけでなく、接触皮膚炎を生じやすいいろいろな成分を用意していますので、詳しい検査を行うことができます。

閉じる