概要

医療安全管理部の活動の目的は、医療事故の防止です。日々収集されるインシデント報告を基に、より重大な医療事故を防止すること、予想される医療事故を防止することを、組織的な対策を中心に検討しています。具体的な活動内容は、厚労省策定の医療安全管理者の業務指針を基に、院内の医療安全管理マニュアルに規定されています。また、一旦発生してしまった医療事故について、当事者の支援を行っています。

専任者1名を含む医師3名、専従者1名専任者1名を含む看護師4名、専任薬剤師1名、専任事務2名から構成され、毎月開催している医療安全管理対策委員会やセーフティーマネージャー委員会などの定期開催の会議や、必要時に臨時開催される会議の運営を行っています。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

岩瀬 正顕近年、医療の高度化・複雑化が進み、それに伴って医療行為による患者への悪影響が注目されるようになりました。医療行為はそのリスクとベネフィットを勘案し、患者・家族との相談においてその実施が検討されるものであり、侵襲性の高い医療行為には必然的にある程度の合併症が伴いますが、現在の持つべき医療水準において避け得る患者への悪影響は、避けられる取り組みを行っていかなければなりません。当院は、北河内医療圏における基幹病院として、高度の医療を提供する病院です。地域の患者におけて最後の砦となる重要な役割を背負っていますが、それ故に侵襲性の高い医療行為も多く行われます。患者への悪影響のリスクを小さくする取り組みは、その分、患者へのベネフィットが相対的に大きくなり、高度医療の提供に寄与することができます。

部長 教授 金田 浩由紀

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

・医療行為は医療者によって為されるものであり、そこに起こる医療事故は、もちろん医療者が起こすものです。しかし、医療事故を予防する取り組みを医療者個人の努力に求めているだけでは本当に有効な防止策にはなりません。医療事故を避けるためにどのような組織的な防止策が取り得るか、それを考えることが医療安全管理の目的となります。そのための、医療事故を報告する文化、コンプライアンスを守る正義の文化、組織内でコミュニケーションの取れた柔軟な文化、常に学び教えあう学習する文化、これらの安全文化を醸成することにより、医療安全活動を推進しています。
 

・インシデント報告では、国立大学医学部附属病院医療安全管理協議会が策定した患者影響度分類を必要に応じて改変し、使用しています。合併症として考えられているものも対象としています。患者影響度分類3b以上として具体的例を挙げ、インシデント報告を促しています。

 
閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる