概要

リハビリテーション科は、病気により体力の低下や麻痺を生じたり、手術の後に動けなくなるなどの障害が引き起こされた方に、筋力や持久力をつけたり、関節の動きを良くしたり、日常生活で行う動作の練習を行ったり、便利な道具(義肢、装具や自助具)を用いたりして社会生活への復帰を支援する診療科です。その中で、医師の仕事は、障害も持たれた方一人一人に対して、評価(検査)・治療(医療、物理・理学・作業・言語療法、義肢・装具療法など)、リスク管理、ゴール設定(予後予測)、環境設定などを行うことです。
【リハビリテーション科HPはこちら】

次のような症状を扱っています

手足が動かない・思ったように動かない/手足に麻痺がある/しっかり立つことができない/歩くとふらつく・歩けない/体がふらついて座れない/階段が上れない/床からの立ち上がりができない/よくこける/肩が痛くて手があがらない/手足の関節が硬くて動かない/手足の関節が痛くて動かせない/手や足を切断した/歩くのに装具がいる/動くと息がきれる/身の回りのことができない(食事、着替え、入浴、トイレなど)/手の指で細かいことができない/字がかけない/食べ物が飲み込みにくい/食事中にむせる/唾でむせる/言葉がでない/うまくしゃべることができない/文字が読めなくなった/場所や日付がわからない

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

リハビリテーション科の対象疾患は、脳卒中、頭部の外傷、脊髄の損傷、パーキンソン病などの神経疾患、手足の切断、骨折、変形性関節症、関節リウマチを含む膠原病、心臓や肺の病気、脳性麻痺や二分脊椎などの子供の病気などさまざまな病気があげられます。病気で動けなくなった場合や手術の後に早期離床を図る場合も対象になります。その他に、義肢・装具・道具を使って動作を行う訓練や食べることの障害に対する嚥下訓練も行っています。関西医科大学総合医療センターリハビリテーション科では、発病早期からリハビリテーション医療が提供できるように心がけています。また、病気や障害だけでなく住環境や介護保険などの導入など社会環境も考えたリハ医療を行うようにしています。

診療部長 教授 菅 俊光

診療科紹介動画

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

病気によって引き起こされた障害がリハビリテーションにより回復の見込みがあるかどうかをリハビリテーション科医が診断して、その方に適した治療を検討します。リハビリテーションの治療には理学・作業・言語療法があります。理学療法では、座る、立つ、歩くなどの基本動作ができなくなった方に対して、筋力をつけたり、関節の動きをよくする訓練を行います。作業療法では、手先の細かい動作ができなくなり、食事、歯磨き、着替え、トイレ動作や入浴動作などが上手にできなくなった方に対して、身の回りの動作が円滑に行えることを目指して訓練を行います。言語療法とは、言葉を話したり理解することができなくなった場合や、顔や口の動きが悪くしゃべりにくくなった場合、記憶の障害などが引き起こされた場合に訓練を行います。食べることの障害に対する嚥下訓練も行います。治療はそれぞれの専門の療法士が担当します。特殊外来として、ボツリヌス療法外来、機能的電気刺激外来、義肢装具外来を開設しています。がん治療中の方へのリハビリテーションについても、積極的に取り組んでいます。また、健康科学センターと連携をはかり、心臓リハビリテーションにも当科理学療法士が参加しています。

担当している最新治療

閉じる

ページの先頭へ

実績

診療実績(2021.1~2021.12)

1日平均外来患者数10.1人

リハビリテーション依頼件数(2021.1~2021.12)

整形外科(脊椎外科、その他)745件
救急医学科448件
内科(血液呼吸腫瘍、循環器腎内分泌代謝、消化器肝臓)451件(143、167、141)
神経内科71件
脳神経外科133件
外科(一般、血管、乳腺)154件(93、53、8)
皮膚科32件
産婦人科7件
精神科30件
その他の外科(形成、泌尿器、呼外、心外)12件(15、70、7、29)

リハビリテーション施行回数(2021.1~2021.12)

理学療法・運動器20,475回
理学療法・脳血管等6,474回
理学療法・廃用症候群8,475回
理学療法・呼吸器2,513回
理学療法・がんリハ2,368回
作業療法・脳血管等4,233回
作業療法・運動器5,362回
作業療法・廃用症候群1,170回
作業療法・がんリハ498回
言語療法・脳血管等1,718回
言語療法・廃用症候群1,605回
言語療法・がんリハ216回

ボツリヌス療法施行件数(2021.1~2021.12)

上下肢20症例 58回
下肢のみ7症例 19回
上肢のみ5症例 8回

その他先進医療等(2021.1~2021.12)

装具
 下肢装具(短下肢、長下肢含めて)12件
 足部・足底装具7件
 上肢装具25件
 その他4件
義肢
 下肢義足(上腿・下腿)3件(1,2)
 上腕義手0件
閉じる

ページの先頭へ

スタッフ

氏名 写真 職名 専門分野 認定資格
菅 俊光 菅 俊光 部長
教授
リハビリテーション医学全般
特に運動器疾患、義肢・装具
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
日本リウマチ学会専門医
がんのリハビリテーション研修会受講
河合 謹也 河合 謹也 病院助教 リハビリテーション医学全般 日本リハビリテーション医学会専門医
武内 孝太郎 武内 孝太郎 病院助教 リハビリテーション医学全般 日本リハビリテーション医学会専門医
佐藤 公彦 佐藤 公彦 研究医員
(非常勤)
リハビリテーション医学全般 日本リハビリテーション医学会専門医
中田 瑞季 中田 瑞季 研究医員
(非常勤)
リハビリテーション医学全般 日本リハビリテーション医学会専門医
今井 義廣 今井 義廣 理学療法士
副技師長
呼吸療法認定士、がんのリハビリテーション研修会受講
德井 眞里子 德井 眞里子 理学療法士
主任
呼吸療法認定士、福祉住環境コーディネーター2級、がんのリハビリテーション研修会受講
奥野 秀樹 奥野 秀樹 理学療法士
山本 博章 山本 博章 理学療法士 呼吸療法認定士、脊髄障害認定理学療法士、がんのリハビリテーション研修会受講、福祉住環境コーディネーター2級
和田 健吾 和田 健吾 理学療法士 呼吸療法認定士、がんのリハビリテーション研修会受講、運動器認定理学療法士
原田 浩介 原田 浩介 理学療法士 呼吸療法認定士、がんのリハビリテーション研修会受講
野元 信吾 野元 信吾 理学療法士 呼吸療法認定士、がんのリハビリテーション研修会受講
安富 祐人 安富 祐人 理学療法士
(非常勤)
清田 貴之 清田 貴之 理学療法士 呼吸療法認定士
池治 拓也 池治 拓也 理学療法士
井上 美識 井上 美識 理学療法士
宮岡 むつみ 宮岡 むつみ 理学療法士
白川 優奈 白川 優奈 理学療法士
若泉 裕真 若泉 裕真 理学療法士 福祉住環境コーディネーター2級
新古 聖子 新古 聖子 作業療法士
主任
がんのリハビリテーション研修会受講
古原 将馬 古原 将馬 作業療法士 がんのリハビリテーション研修会受講
山本 奈保子 山本 奈保子 作業療法士 がんのリハビリテーション研修会受講
森本 洸平 森本 洸平 作業療法士 がんのリハビリテーション研修会受講
源 奈緒 源 奈緒 言語聴覚士 がんのリハビリテーション研修会受講
神野 志穂 神野 志穂 言語聴覚士  がんのリハビリテーション研修会受講
金井 正孝  金井 正孝  医療技術補助員
(マッサージ師)
閉じる

ページの先頭へ

外来診療日程

  • 要予約=要予約
  • 初診=初診担当医
  • 再診=再診担当医
  土(第2、4を除く)
午前 菅 俊光
河合 謹也
武内 孝太郎
中田 瑞季

武内 孝太郎
河合 勤也
菅 俊光
武内 孝太郎
小倉 久幸
菅 俊光
武内 孝太郎(2.4週)
中田 瑞季

午後 ボツリヌス療法
菅 俊光
漢方疼痛
佐藤 公彦
装具
機能的電気刺激
菅 俊光

装具
菅 俊光

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさんへ

初診の方も含めて、全予約制としています。主には入院中のリハビリになりますが、場合によっては退院後も引き続きリハビリを行う場合もありますのでご相談ください。

医療関係のみなさんへ

最終的には患者さまが今まで生活されていた地域に戻られることが、望ましいと考えています。そのためには地域との十分な連携が必要であり、出来る限り地域の先生方や医療職の方とお話したいと思っています。
閉じる