概要

尿路(腎臓・尿管)結石症は泌尿器科診療の中でも最も頻度の高い疾患の一つであり、しかも再発率が非常に高い疾患でもあります。さらに救急疾患としても頻度が高く、若年者から高齢者まで幅広く罹患する可能性があります。一生のうちに一度は尿路結石に罹患する確率は男性では7人に一人、女性では15人に一人と10年前に比べ約60%も増加しています。すでに尿路結石はあなたにとって他人事ではない時代に突入してます。

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ

当科では以前から積極的に尿路結石治療に取り組み、患者さん方が少しでも満足できる治療を目指し日々考え精進しております。

尿路結石は過去に比べてその罹患率は上昇しており、今や他人ごとではない疾患となってしまいました。食の変化に伴う、生活習慣病やメタボリックシンドロームとの関係も大きいとされております。また、尿路結石は再発もしやすい疾患であり、腎結石の再発率は治療後3年で30%、5年で45%ともいわれております。腎結石の再発を繰り返すことによる腎機能低下のみならず、結石除去に伴うダメージも看過できないものと考えております。治療の際には再発率を減らすべく、結石が完全になくなるような手技を目指しております。結石形成予防に必要な生活指導なども含め、患者さんに提供していけるよう日々診療しております。

センター長 講師 三島 崇生

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針

結石治療センターでは、尿路結石に対して様々の機器を取り揃え治療に臨んでおります。その中には入院を必要とせず外来にて治療が行えるESWL(対外衝撃波結石破砕術)、また尿管、腎盂内といった上部尿路に対する治療を可能にする軟性尿管鏡を用いた経尿道的尿路結石破砕術(f-TUL)、膀胱内に存在する結石には経尿道的膀胱砕石術など患者様にとって可能な限り生活の質:QOLを低下させない治療方法・技術を目指し日々治療に取り組んであおります。軟性尿管鏡を用いた治療は尿管のみならず腎結石にたしても負担を少なくでき、現在は多くの施設で導入されておりますが、当院では関西でもいち早く導入しており、その実績は誇れるものと考えております。また、腎臓内に存在する大きな結石(2㎝以上)に対しては経皮的腎砕石術も行っております。その際は超音波にて砕石を行い、同時に砕石された破片を吸引回収できる超音波砕石器を導入し小さな破砕片も残さないように心掛けております。
少しでも患者様の負担を減らし、再発の少ない治療を目指し日々の診療に取り組んでおります。

閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

尿路結石治療は現在変遷期を向かえています。施設によっても様々な治療方針の違いがあります。所詮、尿路結石と思われる方、またはそのような医師もいることと思いますが、私はそうは思いません。皆さんの日々の健康、生活の妨げにならないように患者さん、またはその尿路結石に合った治療法を選択し治療させていただきます。

医療関係のみなさまへ

閉じる