ロボット支援手術センター

概要

手術支援ロボット「ダビンチ」は、1980
代からアメリカで開発が進められ
1999年に完成し、2000年より手術支援装置として利用が始まりました。日本では、1990年代から腹腔鏡手術が外科分野に導入され、有用性が確認されており、その腹腔鏡手術の向上を目的として手術支援ロボットが開発されました。
ロボット支援手術センターは、外科系診療科が連携を図り、低侵襲手術の普及と技術向上を目的として、ロボット支援手術に係るスタッフの
教育及び臨床研究を推進いたします。

 

ページの先頭へ

閉じる

ごあいさつ


2022年8月20日、当院手術支援ロボット「第4世代ダビンチXi 」が導入されました。
当院では、初めての手術支援ロボットの導入であり、医師、看護師、臨床工学技士、事務職員が綿密に連携することで、患者さんの安全確保と円滑な手術支援ロボットの活用を目指し、2022年秋からの手術を予定しております。

センター長 准教授 室田 卓之

診療科紹介動画

現在ございません。

閉じる

ページの先頭へ

特色・方針


手術支援ロボットは、
モニターで拡大された体内の3次元内視鏡画像を観察し、詳細な情報を得ることができる上、手の動きを正確に再現することが可能であるため、これまで以上に安全かつ完成度の高い手術が提供できることを確信しており、外科系診療科において、順次活用する予定としております。











インテュイティブサージカル社製 
ダビンチ Xiサージカルシステム








閉じる

ページの先頭へ

お知らせ

患者のみなさまへ

医療関係のみなさまへ

閉じる