第1回合同市民公開講座

北河内がん診療ネットワーク協議会後援のもと開催された合同市民公開講座の模様を紹介いたします。

ページの先頭へ

日時:平成29年5月20日(土)14:00~16:00

場所:守口文化センター エナジーホール

テーマ:「がんのことをもっと知ろう!」

講演1:「最近のがん診療と大学病院の使命について」
関西医科大学附属病院がんセンター 
センター長 蔦幸治

講演2:「増えてきている大腸がん」
星ヶ丘医療センター 外科 
部長 中川正

講演3:「あなたと家族を支える~緩和ケア病棟のおはなし~」
松下記念病院 緩和ケア内科 
部長 小石恭士

参加人数:約180人
 

 5月20日(土)14時より守口文化会館エナジーホールにて「がんのことをもっと知ろう!」をテーマに、北河内二次医療圏に所属する地域がん診療連携拠点病院、大阪府がん診療拠点病院の6病院(市立ひらかた病院、JCHO星ヶ丘医療センター、松下記念病院、美杉会佐藤病院、関西医科大学総合医療センター、関西医科大学附属病院)の共催で、合同市民公開講座が開催されました。

 松下記念病院山根哲郎病院長による挨拶の後、「最近のがん診療と大学病院の使命について」をテーマに、関西医科大学附属病院がんセンター蔦幸治センター長が、専門的な内容も交え、内容豊富に講演されました。

 次に「増えてきている大腸がん」をテーマに、JCHO星ヶ丘医療センター外科中川正部長が検診や治療について等を海外のデータもあわせて講演されました。

 続いて「あなたと家族を支える~緩和ケア病棟のおはなし~」をテーマに、松下記念病院緩和ケア内科小石恭士部長が緩和ケアとは何かを様々な視点から解説し、また実際の患者さんの例を提示しながら講演されました。

最後に蔦センター長が閉会の挨拶を行い、公開講座は盛況のうちに幕を閉じました。約180名の市民が来場し、熱心に話に聞き入り、質疑応答でも積極的に手が上がるなど関心の高さがうかがえました。

 

【講演の模様】
 
関西医科大学附属病院 がんセンター   星ヶ丘医療センター 外科 部長
センター長 蔦幸治先生         中川正先生
 
松下記念病院 緩和ケア内科 部長    松下記念病院 山根哲郎院長
小石恭士先生
閉じる

ページの先頭へ