先進医療のご案内

先進医療について

当院のような大学病院では、常に新しい診断法や治療法の研究・開発が行われていますが、新しい診断法や治療法は一般的に健康保険の対象とはなっておらず、これらを使用すると、健康保険の対象となる治療部分も含めて全額自己負担となります(いわゆる「混合診療の禁止」)。
これに対し先進医療は、保険診療との併用が認められているもので、先進医療にかかる部分の費用だけが自己負担となり、他の費用は保険診療が適用されるため、受診しやすくなっています。先進医療は厚生労働大臣が定めた施設基準に該当する医療機関のみ実施することができ、当院も先進医療を実施しています。
当院で実施している先進医療を以下に紹介致します。

閉じる

ページの先頭へ

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

診療科名 眼科
承認年月日 2013年8月1日
費用 308,809円/片眼(1回あたり)
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ

放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法

診療科名 脳神経外科
承認年月日 2016年7月1日
費用 113,540円
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ

術前のS-1内服投与、シスプラチン静脈内投与及びトラスツズマブ静脈内投与の併用療法

診療科名 消化管外科
承認年月日 2016年10月1日
費用 23,129円
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ

膵癌腹膜転移に対するS-1+パクリタキセル経静脈腹腔内投与併用療法

診療科名 胆膵外科
承認年月日 2017年4月1日
費用 819,174円
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ

テモゾロミゾ用量強化療法

診療科名 脳神経外科
承認年月日 2017年5月1日
費用 123,840円
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ

マルチプレックス遺伝子パネル検査 難治性固形がん(ステージがⅢ期若しくはⅣ期で手術が不能なもの又は治療後に再発したものであって、治療法が存在しないもの又は従来の治療法が終了しているもの若しくは従来の治療法が終了予定のものに限り、肉腫を除く。)

診療科名 呼吸器腫瘍内科
承認年月日 2019年3月1日
費用 249,847円
※入院料などその他費用は別途かかります。
閉じる

ページの先頭へ